スポンサーリンク

シニスターミニスター産駒 特徴

スポンサーリンク
血統一覧
スポンサーリンク

ボールドルーラー系の筆頭格で日本競馬界を席巻する血統です。

ここではそのシニスターミニスター産駒の特徴を整理していきたいと思います。

シニスターミニスターとは

アメリカで活躍した馬で2003年に生まれました。

2005年にデビューし、 2006年に初勝利を挙げてからブルーグラスステークスで2位に大差をつけて圧勝しG1制覇を成し遂げました。その後は振るわずに引退し種牡馬となりました。

日本で種牡馬として迎えられてから主に日本のダートで活躍する子を輩出しています。

シニスターミニスター産駒の代表馬

インカンテーション

ヤマニンアンプリメ

ゴールドクイーン

マイネルバサラ

キングズガード

シニスターミニスター産駒の特徴

時期

シニスターミニスター産駒は早いうちからでも、さらには古馬になっても活躍をしているため息の長い血統と言えそうです。ただ大きな成長はなく堅実に自分の競馬をする事が多いです。

 

コース別特徴

ダート血統でダートで力を発揮します。ダートは1400mから2000mまでの中距離で最も力を発揮しますが、とはいえどの距離でも比較的高い数字を残してます。

芝はあまり走らないので狙いづらいです。芝短距離でたまに馬券内に入ることはありますが勝ち数はほとんどないに等しいです。

道悪でも走りますが、良馬場と比べると成績が落ちる傾向にあります。

条件 成績 詳細
× 全くと言っていいほど走りません
ダート 1400mから2000mが最もいい
道悪 若干成績が落ちる傾向

競馬場としてはダートであれば基本的にどこでも走ります。ダート血統らしく地方でも強さを発揮しており勝率などは中央より高い数字を残しています。

条件 成績 詳細
中央 ダートであれば比較的どこでも走ります。
地方 地方競馬の方が勝率が良い

その他

馬券としては掲示板付近をうろうろする事があり複勝率はそこまで高くありません。単勝が一番期待値としては高そうです。

馬体重は力のいる馬場を走ることになるためか460kg越えなどの馬格のある程度ある馬がよく走ります。

 

まとめ

ここまでのポイントをおさらいします。

  • 新馬戦から古馬に至るまで平均してよく走る
  • ダート1400mから2000mが成績としては良い
  • 地方でも活躍する
  • 馬体重は重く馬格がある馬が良い

いかがでしたか。以上シニスターミニスター産駒特徴のまとめでした

タイトルとURLをコピーしました