スポンサーリンク

クイーンカップ2021 予想と傾向

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年2月13日(土曜日)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1600m

【出走馬

馬番 名前 詳細
1 スライリー 牝3 石川裕紀人(54.0)
2 ククナ 牝3 C.ルメール(54.0)
3 イズンシーラブリー 牝3 三浦皇成(54.0)
4 リフレイム 牝3 木幡巧(54.0)
5 メインターゲット 牝3 田辺裕信(54.0)
6 アカイトリノムスメ 牝3 戸崎圭太(54.0)
7 ステラリア 牝3 福永祐一(54.0)
8 カイトゲニー 牝3 柴田大知(54.0)
9 アールドヴィーヴル 牝3 松山弘平(54.0)
10 サルビア 牝3 横山典弘(54.0)
11 エイシンヒテン 牝3 団野大成(54.0)
12 カナリキケン 牝3 Mデムーロ(54.0)
13 ミヤビハイディ 牝3 吉田豊(54.0)
14 インフィナイト 牝3 北村友一(54.0)
15 レッジャードロ 牝3 藤田菜々子(54.0)
16 ハッピーオーサム 牝3 岩田望未(54.0)

過去5年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 1 ミヤマザクラ 牝3 福永祐一 2 京都2歳S2着
2 9 マジックキャッスル 牝3 S.フォーリー 4 ファンタジーS2着
3 5 セイウンヴィーナス 牝3 野中悠太郎 12 フェアリーS9着
2019 1 9 クロノジェネシス 牝3 北村友一 1 阪神JF2着
2 6 ビーチサンバ 牝3 福永祐一 2 阪神JF3着
3 4 ジョディー 牝3 武藤雅 7 阪神JF16着
2018 1 6 テトラドラクマ 牝3 田辺裕信 3 フェアリーS6着
2 2 フィニフティ 牝3 川田将雅 5 新馬戦1着
3 9 アルーシャ 牝3 C.ルメール 7 未勝利戦1着
2017 1 15 アドマイヤミヤビ 牝3 C.ルメール 1 百日草特別1着
2 11 アエロリット 牝3 横山典弘 5 フェアリーS2着
3 6 フローレスマジック 牝3 戸崎圭太 2 アルテミスS着
2016 1 6 メジャーエンブレム 牝3 C.ルメール 1 阪神JF1着
2 2 フロンテアクイーン 牝3 蛯名正義 7 菜の花賞2着
3 3 ロッテンマイヤー 牝3 S.フォーリー 6 新馬戦1着

【傾向

中穴が来ることがありますが、1人気が人気通りの力を発揮することが多く配当的には大荒れにはならない傾向があります。

前走
  • 阪神JF組やフェアリーS組が多く絡んでいます。新馬戦組や未勝利戦組が中穴をあけることがあるので注意が必要です。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ミヤマザクラ 2-2
2 マジックキャッスル 10-13
3 セイウンヴィーナス 4-6
2019 1 クロノジェネシス 6-6
2 ビーチサンバ 9-8
3 ジョディー 1-1
2018 1 テトラドラクマ 2-1
2 フィニフティ 9-8
3 アルーシャ 1-2
2017 1 アドマイヤミヤビ 8-6
2 アエロリット 6-3
3 フローレスマジック 8-6
2016 1 メジャーエンブレム 1-1
2 フロンテアクイーン 9-9
3 ロッテンマイヤー 8-6
  • 逃げまたは番手の馬が一定数絡んではいますが、差しが優勢で中団や後方から上がりの使える馬を中心に組み立てたいところです。
血統
クイーンC2021 血統チェッカー
きさらぎ賞の血統データまとめです。過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201ミヤマザクラサンデーサイレンスMr.Prospector2マジックキャッスルサンデーサイレンスロベルト...

【ゆめもち的 全頭分析

1.スライリー
東京替わりが裏目に出そうで前走は勝てたものの赤松賞ではいいところを見せられておらず苦戦を強いられそう。
2.ククナ
シンザン記念では伸びきれず馬券内に届かなかった。巻き返しがあってもおかしくないが勝ち切るイメージは湧かない。
3.イズンシーラブリー
早い上がりを使えるのが持ち味でここは弾けてもおかしくはなさそう。ここの鍵は道中の順位で、先週から前が強い傾向が残ってるので後ろからになってしまうと伸びきれず掲示板がやっとという展開もありそう。
4.リフレイム
     血統的にはデータと相性がいいとは言えない。展開次第ではあるものの人気ほどの期待が持てると  は思えない。
5.メインターゲット
人気薄だがヴァイスリージェントの系統を持つ馬で侮ることはできない。内枠に入ったのも好条件で展開が合えば馬券内まで。
6.アカイトリノムスメ
未勝利戦から二連勝。レースレベルは一定以上にはあり期待が持てる。ただ今の馬場で通用するかは微妙で展開に委ねられる面が多そう。
7.ステラリア
前走は上がり最速タイで勝ち馬とも差のない競馬。馬体重が戻って調子が上がるようなら十分戦える。
8.カイトゲニー
ここは逃げ候補の一角。逃げ馬の成績は悪くなく今の東京の馬場状態を見ても逃げ残る可能性はある。
9.アールドヴィーヴル
前残りの展開を一気に差し切っての新馬勝ち。その時の2着馬は白梅賞を勝ちレースレベルも悪くなかったと思われる。ここも豪快な末脚が見たいところ。
10.サルビア
先行力が魅力で阪神JFでは前がかなり厳しい展開だったように思われる。東京で巻き返しのチャンスはあり。
11.エイシンヒテン
サルビアと同様、先行力が魅力でここは逃げの一角としても期待できる。阪神JFでは前がかなり厳しい展開だったので東京で巻き返しのチャンスあり。
12.カナリキケン
先行力は魅力も前走のレースを見る限りここは微妙。
13.ミヤビハイディ
菜の花賞4着は評価できずここは相手も揃い苦戦は免れなさそう。
14.インフィナイト
阪神JFではいいとこなしでさすがに負けすぎな印象。サウジアラビアRCのようなレースに期待したいが、時計の速い馬場ではまだ結果が出ておらずどこまでやれるか未知数。
15.レッジャードロ
評判が高いようにその走りには光るものがあった。東京での適正には若干気になるところがあるがここを差し切るようなら一気に主役になれるかもしれない。
16.ハッピーオーサム
外枠がどうか気になるも中団から勝負できそうである程度の成績は残せそうな気配を感じる。素質は十分にありそう。
タイトルとURLをコピーしました