スポンサーリンク

中山記念2021 予想と傾向

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年2月28日(日曜日)
開催 中山競馬場11R
距離 芝1800m

【出走馬

馬番 名前 詳細
1 トーセンスーリヤ 牡6 横山和生(56.0)
2 コスモカレンドゥラ 牡5 柴田大知(56.0)
3 ノーブルマーズ 牡8 高倉稜(56.0)
4 ケイデンスコール 牡5 岩田康誠(56.0)
5 マイネルハニー 牡8 丸山元気(56.0)
6 フランツ 牡6 M.デムーロ(56.0)
7 バビット 牡4 内田博幸(56.0)
8 ヒシイグアス 牡5 松山弘平(56.0)
9 サンアップルトン 牡5 柴田善臣(56.0)
10 ゴーフォザサミット 牡6 蛯名正義(56.0)
11 クラージュゲリエ 牡5 C.ルメール(56.0)
12 パンサラッサ 牡4 三浦皇成(55.0)
13 ウインイクシード 牡7 横山武史(56.0)
14 ショウナンライズ 牡8 大野拓弥(56.0)

過去5年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 3 ダノンキングリー 牡4 横山典弘 1 マイルCS5着
2 7 ラッキーライラック 牝5 M.デムーロ 2 香港ヴァーズ2着
3 4 ソウルスターリング 牝6 北村宏司 6 府中牝馬S 取消
2019 1 1 ウインブライト 牡5 松岡正海 5 中山金杯1着
2 3 ラッキーライラック 牝4 石橋脩 6 秋華賞9着
3 7 ステルヴィオ 牡4 丸山元気 2 マイルCS1着
2018 1 5 ウインブライト 牡4 松岡正海 2 中山金杯2着
2 10 アエロリット 牝4 横山典弘 5 秋華賞7着
3 8 マルターズアポジー 牡6 柴田善臣 6 マイルCS15着
2017 1 1 ネオリアリズム 牡6 M.デムーロ 3 香港マイル9着
2 5 サクラアンプルール 牡6 横山典弘 8 白富士S2着
3 9 ロゴタイプ 牡7 田辺裕信 7 香港マイル5着
2016 1 9 ドゥラメンテ 牡4 M.デムーロ 1 日本ダービー1着
2 10 アンビシャス 牡4 C.ルメール 4 天皇賞秋5着
3 2 リアルスティール 牡4 福永祐一 2 菊花賞2着

【傾向

1版人気馬があまりこないこともあり配当は上がる傾向にあります。とはいえ大穴は来ていないので狙うなら中穴ぐらいが無難です。

前走 
  • G1組が相当絡んでおりここら辺は注意が必要です。
  • 次点では中山金杯をはじめとする重賞組
  • OP戦経由の馬はあまり来ていません。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ダノンキングリー 3-3-3-3
2 ラッキーライラック 3-4-4-4
3 ソウルスターリング 2-2-2-2
2019 1 ウインブライト 4-4-4-4
2 ラッキーライラック 2-2-2-2
3 ステルヴィオ 5-5-6-6
2018 1 ウインブライト 4-4-4-3
2 アエロリット 2-2-2-2
3 マルターズアポジー 1-1-1-1
2017 1 ネオリアリズム 3-2-2-3
2 サクラアンプルール 9-8-8-7
3 ロゴタイプ 1-1-2-2
2016 1 ドゥラメンテ 5-5-5-4
2 アンビシャス 10-10-9-9
3 リアルスティール 5-5-6-5
  • 前目につけた馬が優勢でここ近走は中断までにいた馬しか絡めていません。
  • ある程度前で競馬できる馬を選ぶとよさそうです。
血統
中山記念2021 血統チェッカー
中山記念の血統データまとめです。過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201ダノンキングリーサンデーサイレンスストームバード2ラッキーライラックサンデーサイレンスMr.Prospe...

【ゆめもち的 全頭分析

1.トーセンスーリヤ
前目につけたサドラーズウェルズ系が活躍しているレースというのもありこの馬にも展開が向きそう。休み明けとはなるが粘り込みのチャンスは大いにある。
2.コスモカレンドゥラ
一気に相手強化となる今回は厳しい戦いを強いられそう。
3.ノーブルマーズ
ここ最近のレースでは不調で展開的にもここは向かなそう。
4.ケイデンスコール
前走は岩田康誠騎手の見事な差しが光った。今年中にどこかで再度穴をあける機会がありそうだが、展開面で厳しくなりそうな気配があり、ここでは不安の方が先走ってしまう。
5.マイネルハニー
さすがに近走負けすぎな印象でここでの評価は上がらない。
6.フランツ
過去5年このレースでロベルト系を持つ馬は来ておらずレースの相性が気になる。やはりここではなく得意な東京などでの変わり身に期待したい。
7.バビット
前走G1組が多く絡んでくるレースではあるが今回はこの一頭のみ。メメにつけた馬が優勢である点も含めこの馬の逃げは軽視できない。
8.ヒシイグアス
この馬は前走鮮やかな勝利を収めここでも期待が膨らむ。マイナス要素はあるものの馬券外に飛ぶとは考え難い。
9.サンアップルトン
距離短縮はマイナス。この馬は2200m以上で適性を示して来ておりここでは厳しそう。
10.ゴーフォザサミット
過程が順調とはいえずやや道悪のダートを使ったダメージも少なからずありそう。
11.クラージュゲリエ
ルメール騎手が不気味も、このコースでの相性は疑問に残る。人気になるようなら切るのも手かもしれない。
12.パンサラッサ
トーセンスーリヤと同様、前目につけたサドラーズウェルズ系が活躍しているレースというのもありこの馬にも展開が向きそう。前走OP戦のメンバーからはこの馬のみ推したい。
13.ウインイクシード
前走は展開にも恵まれたように感じるが再び展開が味方する場面はありそうで、前走をフロック視するのは危険かもしれない。
14.ショウナンライズ
ここでの変わり身を期待するのは酷と言える。

【結論】

◎1.トーセンスーリヤ

◯7バビット

△8ヒシイグアス

▲13ウインイクシード

☆12パンサラッサ

タイトルとURLをコピーしました