スポンサーリンク

金鯱賞2021 傾向と対策

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年3月14日(日曜日)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m

過去10年の結果】※開催時期が現行なのは2017年から


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 6 サートゥルナーリア 牡4 C.ルメール 1 有馬記念2着
2 8 サトノソルタス 牡5 藤岡康太 8 中日新聞杯5着
3 4 ダイワキャグニー 牡6 内田博幸 6 白富士S7着
2019 1 1 ダノンプレミアム 牡4 川田将雅 2 東京優駿6着
2 11 リスグラシュー 牝5 A.シュタルケ 5 香港ヴァーズ2着
3 8 エアウィンザー 牡5 武豊 1 チャレンジC1着
2018 1 9 スワーヴリチャード 牡4 M.デムーロ 1 有馬記念4着
2 4 サトノノブレス 牡8 幸英明 8 凱旋門賞16着
3 5 サトノダイヤモンド 牡5 C.ルメール 2 凱旋門賞15着
2017 1 6 ヤマカツエース 牡5 池添謙一 1 有馬記念4着
2 15 ロードヴァンドール 牡4 太宰啓介 7 小倉大賞典4着
3 8 スズカデヴィアス 牡6 藤岡佑介 13 白富士S1着
2016 1 13 ヤマカツエース 牡4 池添謙一 4 天皇賞(秋)15着
2 3 パドルウィール 牡5 松山弘平 9 八坂S4着
3 5 シュンドルボン 牡5 丸田恭介 6 エリザベス女王杯6着
3 7 サトノノブレス 牡6 V.シュミノー 天皇賞(秋)10着
2015 1 10 ミトラ セ7 柴山雄一 5 福島記念2着
2 1 ディサイファ 牡6 四位洋文 1 天皇賞(秋)8着
3 2 サトノノブレス 牡5 和田竜二 4 アルゼンチン共和国杯4着
2014 1 4 ラストインパクト 牡4 川田将雅 1 京都大賞典1着
2 12 サトノノブレス 牡4 池添謙一 4 天皇賞(秋)8着
3 5 エアソミュール 牡5 武豊 2 毎日王冠1着
2013 1 11 カレンミロティック セ5 池添謙一 3 札幌日経オープン8着
2 13 ラブリーデイ 牡3 蛯名正義 6 小倉記念2着
3 4 ウインバリアシオン 牡5 藤岡康太 8 宝塚記念4着
2012 1 6 オーシャンブルー 牡4 C.ルメール 6 アルゼンチン共和国杯5着
2 9 ダイワマッジョーレ 牡3 丸田恭介 8 甲斐路S1着
3 5 アドマイヤラクティ 牡4 M.デムーロ 4 アンドロメダS3着
2011 1 13 ルーラーシップ 牡4 福永祐一 1 ドバイシーマC6着
2 5 キャプテントゥーレ 牡6 小牧太 2 大阪杯5着
3 9 アーネストリー 牡6 佐藤哲三 3 天皇賞(秋)3着

【傾向

ここ最近一番人気馬が馬券内に入っていますが大穴が来たり波乱が度々あるレースです。

前走 
  • 2017年から現行の時期での開催となりましたが、白富士S組、有馬記念組の好走が複数回ありました。
枠順 
  • 枠での差はほとんどありません
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 サートゥルナーリア 1.3 1.1
2 サトノソルタス 41.3 4.5
3 ダイワキャグニー 24.3 3.2
2019 1 ダノンプレミアム 3.5 1.6
2 リスグラシュー 8.7 1.9
3 エアウィンザー 3.0 1.3
2018 1 スワーヴリチャード 1.6 1.1
2 サトノノブレス 89.2 5.2
3 サトノダイヤモンド 3.3 1.4
2017 1 ヤマカツエース 3.6 1.7
2 ロードヴァンドール 26.4 6.6
3 スズカデヴィアス 66.7 10.9
2016 1 ヤマカツエース 9.9 2.4
2 パドルウィール 22.1 3.1
3 シュンドルボン 15.9 2.6
3 サトノノブレス 4.1 1.4
2015 1 ミトラ 9.0 2.2
2 ディサイファ 3.7 1.5
3 サトノノブレス 7.6 2.3
2014 1 ラストインパクト 3.8 1.4
2 サトノノブレス 7.0 2.0
3 エアソミュール 4.4 1.7
2013 1 カレンミロティック 6.6 2.4
2 ラブリーデイ 9.4 3.1
3 ウインバリアシオン 11.0 3.6
2012 1 オーシャンブルー 7.3 2.6
2 ダイワマッジョーレ 27.0 6.2
3 アドマイヤラクティ 6.4 2.0
2011 1 ルーラーシップ 2.8 1.3
2 キャプテントゥーレ 3.9 1.4
3 アーネストリー 4.2 1.4
  • 単勝オッズでは100倍を超える馬が来ておらず相当な穴狙いは来づらいです。
  • 複勝オッズは10倍台が一回でそのほかでは7倍が超えることもありませんでした。
レース間隔と馬体重 

 
年度 着順 馬名 レース間隔 馬体重
2020 1 サートゥルナーリア 中11週 502(-2)
2 サトノソルタス 中13週 498(+2)
3 ダイワキャグニー 中5週 514(+6)
2019 1 ダノンプレミアム 10ヶ月 502(+4)
2 リスグラシュー 3ヶ月 458(+2)
3 エアウィンザー 3ヶ月 512(+4)
2018 1 スワーヴリチャード 中10週 520(+10)
2 サトノノブレス 半年 510(計測不)
3 サトノダイヤモンド 半年 506(計測不)
2017 1 ヤマカツエース 中10週 516(+8)
2 ロードヴァンドール 中2週 504(+4)
3 スズカデヴィアス 中5週 524(+10)
2016 1 ヤマカツエース 中4週 504(+20)
2 パドルウィール 中4週 490(0)
3 シュンドルボン 中2週 504(+6)
2 サトノノブレス 中4週 512(+16)
2015 1 ミトラ 中週 508(-2)
2 ディサイファ 中週 498(0)
3 サトノノブレス 中週 518(+4)
2014 1 ラストインパクト 中週 486(0)
2 サトノノブレス 中週 508(0)
3 エアソミュール 中週 500(+10)
2013 1 カレンミロティック 4ヶ月 460(+6)
2 ラブリーデイ 4ヶ月 480(+6)
3 ウインバリアシオン 1年6ヶ月 538(+30)
2012 1 オーシャンブルー 中3週 436(0)
2 ダイワマッジョーレ 中5週 444(+8)
3 アドマイヤラクティ 中2週 486(+2)
2011 1 ルーラーシップ 中8週 496(計測不)
2 キャプテントゥーレ 中7週 464(+8)
3 アーネストリー 7ヶ月 536(+6)
  • 休み明けの馬でも実力馬は馬券内に食い込んでいます。かなり間の空いた馬でも軽視しづらいです。
  • 500kgオーバーの馬が多く入っており馬格はある程度必要なようです。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 サートゥルナーリア 5-5-5-5
2 サトノソルタス 3-3-3-3
3 ダイワキャグニー 1-1-1-1
2019 1 ダノンプレミアム 3-3-3-3
2 リスグラシュー 8-7-6-6
3 エアウィンザー 7-7-6-6
2018 1 スワーヴリチャード 3-3-2-2
2 サトノノブレス 1-1-1-1
3 サトノダイヤモンド 5-5-5-6
2017 1 ヤマカツエース 8-8-8-6
2 ロードヴァンドール 1-1-1-1
3 スズカデヴィアス 10-10-9-10
2016 1 ヤマカツエース 6-8-8-7
2 パドルウィール 2-2-2-2
3 シュンドルボン(サトノノブレス) 5-5-6-7
3 サトノノブレス 6-6-4-3
2015 1 ミトラ 5-5-5-5
2 ディサイファ 3-3-3-2
3 サトノノブレス 6-6-6-6
2014 1 ラストインパクト 6-7-7-7
2 サトノノブレス 9-9-7-7
3 エアソミュール 6-5-5-5
2013 1 カレンミロティック 2-2-2-2
2 ラブリーデイ 3-3-3-3
3 ウインバリアシオン 9-9-9-8
2012 1 オーシャンブルー 8-8-7-7
2 ダイワマッジョーレ 5-5-7-7
3 アドマイヤラクティ 8-9-10-10
2011 1 ルーラーシップ 16-15-6-4
2 キャプテントゥーレ 1-1-1-1
3 アーネストリー 2-2-2-2
  • 逃げ馬含む3番手までを追走した馬が馬券内に多く入っています。
  • とはいえ差し馬もある程度入っており、注意が必要です。
血統
金鯱賞2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201サートゥルナーリアMr.Prospectorサンデーサイレンス2サトノソルタスサンデーサイレンスMr.Prospector3ダイワ...
タイトルとURLをコピーしました