スポンサーリンク

阪神大賞典2021 傾向と対策

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年3月21日(日曜日)
開催 阪神競馬場11R
距離 芝3000m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 10 ユーキャンスマイル 牡5 岩田康誠 2 ジャパンC5着
2 4 トーセンカンビーナ 牡4 藤岡康太 5 松籟S1着
3 6 メイショウテンゲン 牡4 松山弘平 4 ダイヤモンドS2着
2019 1 10 シャケトラ 牡6 戸崎圭太 1 AJCC1着
2 7 カフジプリンス 牡6 中谷雄太 6 尼崎S3着
3 1 ロードヴァンドール 牡6 横山典弘 10 日経新春杯13着
2018 1 7 レインボーライン 牡4 岩田康誠 3 有馬記念8着
2 6 サトノクロニクル 牡8 川田将雅 4 有馬記念9着
3 8 クリンチャー 牡5 武豊 1 京都記念1着
2017 1 9 サトノダイヤモンド 牡4 C.ルメール 1 有馬記念1着
2 3 シュヴァルグラン 牡5 福永祐一 2 有馬記念6着
3 4 トーセンバジル 牡5 四位洋文 5 ジャパンC11着
2016 1 11 シュヴァルグラン 牡4 福永祐一 1 日経新春杯2着
2 6 タンタアレグリア 牡4 蛯名正義 4 ダイヤモンドS4着
3 2 アドマイヤデウス 牡5 岩田康誠 3 京都記念3着
2015 1 8 ゴールドシップ 牡6 岩田康誠 1 AJCC7着
2 2 デニムアンドルビー 牡5 浜中俊 7 有馬記念9着
3 1 ラストインパクト 牡5 菱田裕二 2 有馬記念7着
2014 1 1 ゴールドシップ 牡5 岩田康成 1 有馬記念3着
2 8 アドマイヤラクティ 牡6 四位洋文 5 有馬記念11着
3 2 バンデ 牡4 松田大作 3 御堂筋S1着
2013 1 7 ゴールドシップ 牡4 内田博幸 1 有馬記念1着
2 6 デスペラード 牡5 武豊 3 万葉S1着
3 3 フォゲッタブル 牡7 A.シュタルケ 5 ダイヤモンドS7着
2012 1 1 ギュスターヴクライ 牡4 福永祐一 3 ダイヤモンドS2着
2 12 オルフェーヴル 牡4 池添謙一 1 有馬記念1着
3 6 ナムラクレセント 牡7 和田竜二 5 日経新春杯10着
2011 1 3 ナムラクレセント 牡6 和田竜二 3 日経新春杯4着
2 2 コスモメドウ 牡4 松岡正海 1 ダイヤモンドS1着
3 10 モンテクリスエス 牡6 川田将雅 6 ダイヤモンドS5着

【傾向

前走 
  • 有馬記念、ダイヤモンドS組の好走が目立ちます。
  • 近走では3勝クラスからの参戦馬の好走もあります。
枠順 
  • 近年は6枠と8枠の好走が目立ちます。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 ユーキャンスマイル 5.9 2.4
2 トーセンカンビーナ 15.4 4.3
3 メイショウテンゲン 10.0 3.2
2019 1 シャケトラ 2.2 1.4
2 カフジプリンス 20.3 3.9
3 ロードヴァンドール 41.2 8.2
2018 1 レインボーライン 5.6 1.4
2 サトノクロニクル 6.3 1.5
3 クリンチャー 1.9 1.1
2017 1 サトノダイヤモンド 1.1 1.0
2 シュヴァルグラン 4.9 1.0
3 トーセンバジル 33.5 1.9
2016 1 シュヴァルグラン 3.0 1.1
2 タンタアレグリア 5.1 1.4
3 アドマイヤデウス 4.1 1.3
2015 1 ゴールドシップ 1.6 1.1
2 デニムアンドルビー 18.6 2.5
3 ラストインパクト 4.9 1.4
2014 1 ゴールドシップ 1.7 1.1
2 アドマイヤラクティ 15.6 2.0
3 バンデ 4.5 1.5
2013 1 ゴールドシップ 1.1 1.0
2 デスペラード 11.8 1.6
3 フォゲッタブル 54.3 4.4
2012 1 ギュスターヴクライ 13.4 1.7
2 オルフェーヴル 1.1 1.1
3 ナムラクレセント 34,1 3.3
2011 1 ナムラクレセント 5.4 1.7
2 コスモメドウ 2.9 1.4
3 モンテクリスエス 12.6 2.6
  • 順当な決着が多いですが、ヒモ荒れに注意したいところです。
  • 複勝オッズは10倍以内で決着がつくことがほとんどです。
レース間隔と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 ユーキャンスマイル 56 500(+12)
2 トーセンカンビーナ 55 454(-4)
3 メイショウテンゲン 55 462(+6)
2019 1 シャケトラ 57 518(-4)
2 カフジプリンス 56 528(-4)
3 ロードヴァンドール 56 498(-2)
2018 1 レインボーライン 56 454(+10)
2 サトノクロニクル 56 456(+2)
3 クリンチャー 57 486(0)
2017 1 サトノダイヤモンド 57 506(+4)
2 シュヴァルグラン 57 474(-10)
3 トーセンバジル 56 482(+4)
2016 1 シュヴァルグラン 55 470(-10)
2 タンタアレグリア 55 478(0)
3 アドマイヤデウス 57 490(+2)
2015 1 ゴールドシップ 58 508(-8)
2 デニムアンドルビー 54 452(+4)
3 ラストインパクト 57 490(+6)
2014 1 ゴールドシップ 58 508(+10)
2 アドマイヤラクティ 56 484(-6)
3 バンデ 55 498(-10)
2013 1 ゴールドシップ 57 502(-4)
2 デスペラード 56 490(-4)
3 フォゲッタブル 56 492(+2)
2012 1 ギュスターヴクライ 55 498(+6)
2 オルフェーヴル 57 462(0)
3 ナムラクレセント 57 502(-10)
2011 1 ナムラクレセント 57 500(-6)
2 コスモメドウ 56 464(-2)
3 モンテクリスエス 57 552(+10)
  • 470kg以上の馬格のある馬が優勢です。
  • 二桁以上の馬体重変動のある馬が度々馬券に入っており、体重の変動はそこまで気にする必要はなさそうです。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ユーキャンスマイル 9-9-8-4
2 トーセンカンビーナ 10-10-10-7
3 メイショウテンゲン 7-7-7-7
2019 1 シャケトラ 8-9-2-2
2 カフジプリンス 5-5-4-3
3 ロードヴァンドール 2-1-1-1
2018 1 レインボーライン 8-9-8-4
2 サトノクロニクル 7-6-7-4
3 クリンチャー 4-4-3-3
2017 1 サトノダイヤモンド 7-8-8-4
2 シュヴァルグラン 7-7-5-2
3 トーセンバジル 9-9-9-7
2016 1 シュヴァルグラン 7-7-7-4
2 タンタアレグリア 6-6-5-4
3 アドマイヤデウス 3-3-3-4
2015 1 ゴールドシップ 6-5-3-2
2 デニムアンドルビー 7-7-5-5
3 ラストインパクト 9-9-8-7
2014 1 ゴールドシップ 2-2-2-2
2 アドマイヤラクティ 5-5-5-3
3 バンデ 1-1-1-1
2013 1 ゴールドシップ 7-7-4-3
2 デスペラード 9-9-7-6
3 フォゲッタブル 2-2-2-2
2012 1 ギュスターヴクライ 6-6-5-4
2 オルフェーヴル 1-2-9-6
3 ナムラクレセント 2-1-1-1
2011 1 ナムラクレセント 2-2-2-2
2 コスモメドウ 3-3-3-3
3 モンテクリスエス 12-12-13-10
  • 逃げ馬や先行馬、差し馬がバランスよく絡んでいます。基本的には前目の馬が優勢で一頭以上は押さえておきたいところです。残りの馬は中団または後方にいる馬を狙いたいです。
血統
阪神大賞典2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201ユーキャンスマイルMr.Prospectorサンデーサイレンス2トーセンカンビーナサンデーサイレンスMr.Prospector3メ...
タイトルとURLをコピーしました