スポンサーリンク

マリーンカップ(Jpn3)2021 傾向と分析

スポンサーリンク
地方競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年4月7日(水曜日)
開催 船橋競馬場
距離  ダート1600m

過去10年の結果

 

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 12 サルサディオーネ 牝6 矢野貴之 5 エンプレス杯11着
2 9 メモリーコウ 牝5 的場文男 2 仁川S12着
3 4 スマートフルーレ 牝4 武豊 3 甲南S3着
2019 1 6 ラーゴブルー 牝5 御神本訓史 3 東京シンデレラマイル1着
2 7 アイアンテーラー 牝5 浜中俊 1 TCK女王盃1着
3 8 リエノテソーロ 牝5 大野拓弥 2 ターコイズS16着
2018 1 7 アンジュデジール 牝4 横山典弘 2 エンプレス杯1着
2 2 クイーンマンボ 牝4 C.ルメール 1 レディスプレリュード1着
3 11 ヤマニンアンプリメ 牝4 鮫島良太 4 コーラルS4着
2017 1 11 ホワイトフーガ 牝5 蛯名正義 2 フェブラリーS9着
2 9 ララベル 牝5 森泰斗 6 クイーン賞10着
3 8 リンダリンダ 牝4 吉原寛人 4 エンプレス杯2着
2016 1 8 ヴィータアレグリア 牝5 戸崎圭太 1 エンプレス杯2着
2 7 ブルーチッパー 牝6 岩田康誠 4 フジノウェーブ記念5着
3 1 ダブルファンタジー 牝6 笹川翼 6 オッズパーク・ダイヤ(園田)3着
2015 1 8 サンビスタ 牝6 岩田康誠 1 フェブラリーS7着
2 11 トロワボヌール 牝5 戸崎圭太 2 TCK女王盃4着
3 2 アクティビューティ 牝8 内田博幸 3 エンプレス杯4着
2014 1 2 ワイルドフラッパー 牝5 福永祐一 1 エンプレス杯1着
2 11 アクティビューティ 牝7 吉田隼人 3 エンプレス杯2着
3 3 カイカヨソウ 牝4 今野忠成 5 TCK女王盃7着
2013 1 10 メーデイア 牝5 浜中俊 1 TCK女王盃1着
2 7 レッドクラウディア 牝4 内田博幸 3 TCK女王盃3着
3 14 スティールパス 牝6 福永祐一 2 ポラリスS2着
2012 1 1 ミラクルレジェンド 牝5 岩田康誠 1 エンプレス杯 開催なし
2 3 クラーベセクレタ 牝4 戸崎圭太 2 エンプレス杯 開催なし
3 10 プレシャスジェムズ 牝5 武豊 4 エンプレス杯 開催なし
2011 1          
2   開催なし      
3          

【傾向

前走 
  • エンプレス杯、TCK女王盃組が優勢です。近年では前走JRA組の好走も目立っており今回も注目です。
枠順 
  • 大きな差はありませんが、真ん中寄りの枠が優勢です。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 サルサディオーネ 6.7 2.2
2 メモリーコウ 4.1 1.8
3 スマートフルーレ 4.7 1.6
2019 1 ラーゴブルー 4.8 1.0
2 アイアンテーラー 1.7 1.0
3 リエノテソーロ 2.7 1.0
2018 1 アンジュデジール 3.7 1.0
2 クイーンマンボ 1.6 1.0
3 ヤマニンアンプリメ 11.3 1.3
2017 1 ホワイトフーガ 2.9 1.3
2 ララベル 46.0 5.0
3 リンダリンダ 7.4 1.8
2016 1 ヴィータアレグリア 2.5 1.3
2 ブルーチッパー 9.3 1.9
3 ダブルファンタジー 194.7 16.5
2015 1 サンビスタ 1.6 1.0
2 トロワボヌール 2.4 1.0
3 アクティビューティ 8.8 1.1
2014 1 ワイルドフラッパー 1.2 1.0
2 アクティビューティ 16.1 1.3
3 カイカヨソウ 62.4 2.8
2013 1 メーデイア 1.7 1.0
2 レッドクラウディア 5.0 1.2
3 スティールパス 3.0 1.1
2012 1 ミラクルレジェンド 1.6 1.0
2 クラーベセクレタ 3.6 1.1
3 プレシャスジェムズ 8.1 1.3
2011 1      
2 開催なし    
3      
  • 比較的堅めのレースが続いています。
  • 大きな荒れは見込み辛いレースと言えそうです。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 サルサディオーネ 55 525(+11)
2 メモリーコウ 55 466(-12)
3 スマートフルーレ 55 495(-13)
2019 1 ラーゴブルー 55 505(+1)
2 アイアンテーラー 56 470(+2)
3 リエノテソーロ 56 464(+4)
2018 1 アンジュデジール 57 467(-2)
2 クイーンマンボ 57 500(+3)
3 ヤマニンアンプリメ 55 477(-5)
2017 1 ホワイトフーガ 58 512(+4)
2 ララベル 55 567(+25)
3 リンダリンダ 55 498(+1)
2016 1 ヴィータアレグリア 55 456(+1)
2 ブルーチッパー 55 489(-1)
3 ダブルファンタジー 55 508(-8)
2015 1 サンビスタ 58 481(+5)
2 トロワボヌール 56 479(-1)
3 アクティビューティ 56 512(+3)
2014 1 ワイルドフラッパー 57 510(-4)
2 アクティビューティ 56 507(+2)
3 カイカヨソウ 55 470(+14)
2013 1 メーデイア 56 490(-1)
2 レッドクラウディア 56 475(-5)
3 スティールパス 56 471(-5)
2012 1 ミラクルレジェンド 56 435(-3)
2 クラーベセクレタ 56 468(+1)
3 プレシャスジェムズ 55 509(+2)
2011 1      
2 開催なし    
3      
  • 馬体重がある馬格のある馬が優勢で、大きな馬体重変動も大きなマイナスにはならなそうです。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 サルサディオーネ 1-1-1-1
2 メモリーコウ 6-5-5-3
3 スマートフルーレ 8-8-7-6
2019 1 ラーゴブルー 3-3-3-3
2 アイアンテーラー 1-1-1-1
3 リエノテソーロ 2-2-2-2
2018 1 アンジュデジール 1-1-1-1
2 クイーンマンボ 3-3-4-4
3 ヤマニンアンプリメ 4-4-3-3
2017 1 ホワイトフーガ 3-3-3-3
2 ララベル 1-1-1-1
3 リンダリンダ 2-2-2-2
2016 1 ヴィータアレグリア 2-2-2-2
2 ブルーチッパー 1-1-1-1
3 ダブルファンタジー 4-3-4-4
2015 1 サンビスタ 2-2-2-2
2 トロワボヌール 3-3-3-3
3 アクティビューティ 7-7-7-7
2014 1 ワイルドフラッパー 3-3-3-3
2 アクティビューティ 2-2-2-2
3 カイカヨソウ 5-4-3-4
2013 1 メーデイア 3-3-1-1
2 レッドクラウディア 5-4-4-4
3 スティールパス 7-7-6-6
2012 1 ミラクルレジェンド 7-6-6-6
2 クラーベセクレタ 5-4-4-3
3 プレシャスジェムズ 2-2-2-1
2011 1    
2 開催なし  
3    
  • 逃げ馬がかなり強いレースで、先行馬と合わせて残ることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました