スポンサーリンク

東京スプリント(Jpn3)2021 傾向と分析

スポンサーリンク
地方競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年4月14日(水曜日)
開催 大井競馬場
距離 ダート1200m

過去10年の結果

 

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 1 ジャスティン 牡4 坂井瑠星 3 千葉S1着
2 8 サブノジュニア 牡6 矢野貴之 5 フジノウェーブ記念競走4着
3 3 キャンドルグラス 牡6 笹川翼 7 フジノウェーブ記念競走2着
2019 1 8 キタサンミカヅキ 牡9 森泰斗 4 根岸S9着
2 6 コパノキッキング セ4 藤田菜々子 2 根岸S2着
3 7 ヒロシゲゴールド 牡4 武豊 1 なにわS1着
2018 1 3 グレイスフルリープ 牡8 武豊 6 黒船賞5着
2 7 キタサンミカヅキ 牡8 繁田健一 4 フジノウェーブ記念競走3着
3 13 ネロ 牡7 内田博幸 3 高松宮記念11着
2017 1 10 キタサンサジン 牡5 内田博幸 1 コーラルS1着
2 2 ブライトライン 牡8 川田将雅 3 夢見月S2着
3 8 レーザーバレット 牡9 戸崎圭太 4 JBCスプリント4着
2016 1 12 コーリンベリー 牝5 松山弘平 3 フェブラリーS15着
2 10 グレープブランデー 牡8 武豊 4 フェブラリーS11着
3 4 ダノンレジェンド 牡6 M.デムーロ 1 黒船賞1着
2015 1 7 ダノンレジェンド 牡5 丸田恭介 1 黒船賞1着
2 2 シゲルカガ 牡4 勝浦正樹 4 千葉S1着
3 13 ノーザンリバー 牡7 蛯名正義 3 カペラS12着
2014 1 13 ノーザンリバー 牡6 蛯名正義 1 フェブラリーS4着
2 11 セイクリムズン 牡8 岩田康成 2 黒船賞1着
3 2 アルゴリズム 牡6 町田直希 10 障害未勝利(阪神)4着
2013 1 14 ラブミーチャン 牝6 戸崎圭太 3 黒船賞6着
2 15 セイクリムズン 牡7 岩田康誠 1 黒船賞1着
3 11 セレスハント 牡8 福永祐一 5 ジャニュアリーS12着
2012 1 7 セイクリムズン 牡6 岩田康誠 1 黒船賞1着
2 1 フジノウェーブ 牡10 坂井英光 5 東京スプリング盃1着
3 8 スターボード 牡5 戸崎圭太 7 ブラッドストーン賞1着
2011 1 2 セレスハント 牡6 福永祐一 8 名古屋大賞典5着
2 15 ティアップワイルド 牡5 石橋脩 1 コーラルS4着
3 14 コアレスピューマ 牡7 本橋孝太 12 春霞賞1着

【傾向

前走 
  • 黒船賞、フジノウェーブ記念競走組が優勢です。
  • 近年では実力のあるJRAからの参戦馬も多く、それらにも警戒が必要です。
枠順 
  • 幅広く来ていますが、真ん中寄りの枠を引いた馬が近年ではよく来ています。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 ジャスティン 5.7 2.5
2 サブノジュニア 18.8 3.6
3 キャンドルグラス 60.1 6.8
2019 1 キタサンミカヅキ 7.8 1.4
2 コパノキッキング 2.7 1.2
3 ヒロシゲゴールド 2.6 1.1
2018 1 グレイスフルリープ 11.7 4.1
2 キタサンミカヅキ 7.7 2.3
3 ネロ 5.3 2.3
2017 1 キタサンサジン 2.4 1.2
2 ブライトライン 4.0 1.3
3 レーザーバレット 6.5 1.6
2016 1 コーリンベリー 6.8 1.5
2 グレープブランデー 20.9 2.1
3 ダノンレジェンド 1.4 1.0
2015 1 ダノンレジェンド 2.0 1.2
2 シゲルカガ 7.8 2.1
3 ノーザンリバー 5.4 1.7
2014 1 ノーザンリバー 1.5 1.0
2 セイクリムズン 3.2 1.1
3 アルゴリズム 121.9 10.7
2013 1 ラブミーチャン 6.9 2.0
2 セイクリムズン 1.6 1.1
3 セレスハント 22.2 3.0
2012 1 セイクリムズン 2.2 1.2
2 フジノウェーブ 15.2 2.6
3 スターボード 19.9 3.7
2011 1 セレスハント 23.1 6.9
2 ティアップワイルド 2.5 1.6
3 コアレスピューマ 197.1 20.8
  • 荒れないことも多いですが、荒れるときは単勝100倍を超える馬も馬券内に突っ込むことがあり、穴を狙う場合は大きく狙いに行っても面白いかもしれません。
  • 一番人気馬の勝率は50%で勝ちきれない時もしばしばあります。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 ジャスティン 56 490(+6)
2 サブノジュニア 56 529(+5)
3 キャンドルグラス 56 510(-2)
2019 1 キタサンミカヅキ 57 522(-6)
2 コパノキッキング 56 484(+6)
3 ヒロシゲゴールド 56 476(+4)
2018 1 グレイスフルリープ 57 548(-1)
2 キタサンミカヅキ 57 525(-6)
3 ネロ 56 471(-5)
2017 1 キタサンサジン 56 516(-10)
2 ブライトライン 56 532(-8)
3 レーザーバレット 56 483(-2)
2016 1 コーリンベリー 56 496(-4)
2 グレープブランデー 58 524(-6)
3 ダノンレジェンド 57 451(-2)
2015 1 ダノンレジェンド 56 454(0)
2 シゲルカガ 56 512(+2)
3 ノーザンリバー 57 486(+6)
2014 1 ノーザンリバー 56 483(+3)
2 セイクリムズン 57 511(-3)
3 アルゴリズム 56 495(+19)
2013 1 ラブミーチャン 55 503(+1)
2 セイクリムズン 57 516(-2)
3 セレスハント 56 478(-4)
2012 1 セイクリムズン 56 514(-6)
2 フジノウェーブ 58 473(-7)
3 スターボード 56 509(+8)
2011 1 セレスハント 56 476(-4)
2 ティアップワイルド 56 532(-4)
3 コアレスピューマ 56 471(+4)
  • 500kgを上回る大型馬優勢ですが、500kgを下回る馬も十分絡んでいます。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ジャスティン 1-1
2 サブノジュニア 4-4
3 キャンドルグラス 5-5
2019 1 キタサンミカヅキ 2-2
2 コパノキッキング 7-6
3 ヒロシゲゴールド 1-1
2018 1 グレイスフルリープ 1-1
2 キタサンミカヅキ 9-8
3 ネロ 3-3
2017 1 キタサンサジン 1-1
2 ブライトライン 7-7
3 レーザーバレット 6-6
2016 1 コーリンベリー 1-1
2 グレープブランデー 4-3
3 ダノンレジェンド 10-7
2015 1 ダノンレジェンド 2-2
2 シゲルカガ 1-1
3 ノーザンリバー 7-8
2014 1 ノーザンリバー 5-5
2 セイクリムズン 7-7
3 アルゴリズム 14-12
2013 1 ラブミーチャン 5-3
2 セイクリムズン 8-8
3 セレスハント 7-6
2012 1 セイクリムズン 6-6
2 フジノウェーブ 9-7
3 スターボード 1-1
2011 1 セレスハント 4-4
2 ティアップワイルド 5-5
3 コアレスピューマ 2-2
  • 逃げ馬が強いレースで確実に押さえておきたいです。
  • 残りは差し馬が一定数絡んで来ており、中団で控える馬を中心に選んでいきたいところです。

タイトルとURLをコピーしました