スポンサーリンク

二十四万石賞2021 傾向と分析

スポンサーリンク
地方競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年4月18日(日曜日)
開催 高知競馬場
距離 ダート1900m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 2 ウォーターマーズ 牝6 西川敏弘 1 御厨人窟賞3着
2 4 キャプテンオリオン 牡7 赤岡修次 4 A-2 1着
3 5 アースグロウ セ5 郷間勇太 7 御厨人窟賞4着
2019 1 9 エイシンファイア 牡7 山崎雅由 11 A-2 7着
2 11 キャプテンオリオン 牡6 赤岡修次 2 マーチ特別1着
3 1 イッツガナハプン 牡10 倉兼育廉 6 だるま夕日賞6着
2018 1 4 イッツガナハプン 牡9 赤岡修次 2 御厨人窟賞6着
2 6 トウカイハッピー 牡5 宮川実 4 紗歩1歳誕生日特別1着
3 7 ワイルドコットン 牡7 西川敏弘 3 黒船賞7着
2017 1 8 セトノプロミス 牡7 西川敏弘 2 御厨人窟賞3着
2 2 カイロス 牡7 佐原秀泰 3 A-2 1着
3 4 マルマロス 牡7 永森大智 1 御厨人窟賞2着
2016 1 6 メイショウツチヤマ 牡9 赤岡修次 2 御厨人窟賞2着
2 10 ニシノファイター 牡7 中西達也 5 御厨人窟賞7着
3 8 リワードレブロン 牡8 永森大智 4 行水の池特別2着
2015 1 5 マウンテンダイヤ 牡7 岡村卓弥 3 御厨人窟賞2着
2 7 バーチャルトラック 牡7 下原理 1 名古屋大賞典9着
3 4 リワードレブロン 牡7 永森大智 2 名古屋大賞典10着
2014 1 4 オオミカミ 牡5 宮川実 4 御厨人窟賞3着
2 1 リワードアンク 牡5 上田将司 5 ダイオライト記念11着
3 7 グランシュヴァリエ 牡9 永森大智 1 名古屋大賞典8着
2013 1 1 グランシュヴァリエ 牡8 永森大智 1 大高坂賞2着
2 5 バウンサー 牡5 上田将司 8 貫之さくらまつり特別1着
3 7 クイックリープ 牡8 宮川実 2 黒船賞5着
2012 1 1 タンゴノセック 牡8 赤岡修次 1 黒船賞6着
2 10 チュニジアンブルー 牡6 宮川実 2 黒船賞12着
3 7 リワードレブロン 牡4 永森大智 3 名古屋大賞典5着
2011 1 6 アプローチアゲン 牡7 岡田祥嗣 5 名古屋大賞典7着
2 7 ハンドシェイク 牡5 永森大智 3 こいのぼり川渡し特別1着
3 10 ダノンムロー セ7 中西達也 2 仁淀川町安居渓谷特別1着

【傾向

前走 
  • 御厨人窟賞、A-2組が優勢です。
枠順 
  • 特段大きな違いはありません。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 ウォーターマーズ 1.8 1.2
2 キャプテンオリオン 8.2 2.0
3 アースグロウ 23.1 4.1
2019 1 エイシンファイア 168.4 17.8
2 キャプテンオリオン 2.5 1.4
3 イッツガナハプン 25.9 5.8
2018 1 イッツガナハプン 3.6 1.3
2 トウカイハッピー 6.4 1.6
3 ワイルドコットン 3.7 1.2
2017 1 セトノプロミス 2.7 1.1
2 カイロス 8.4 1.7
3 マルマロス 2.1 1.1
2016 1 メイショウツチヤマ 3.3 1.4
2 ニシノファイター 16.8 2.0
3 リワードレブロン 12,0 2.1
2015 1 マウンテンダイヤ 3.9 1.1
2 バーチャルトラック 2.3 1.0
3 リワードレブロン 2.3 1.0
2014 1 オオミカミ 14.1 1.7
2 リワードアンク 21.9 2.3
3 グランシュヴァリエ 1.2 1.0
2013 1 グランシュヴァリエ 1.2 1.0
2 バウンサー 58.8 1.9
3 クイックリープ 3.4 1.2
2012 1 タンゴノセック 1.5 1.0
2 チュニジアンブルー 2.8 1.0
3 リワードレブロン 5.5 1.0
2011 1 アプローチアゲン 15.0 9.1
2 ハンドシェイク 8.4 2.6
3 ダノンムロー 2.6 1.9
  • 穴サイドの馬が来ることもあり注意が必要です。
  • 人気の割に複勝オッズが低いことが多々あります。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 ウォーターマーズ 57 534(-6)
2 キャプテンオリオン 57 534(-3)
3 アースグロウ 55 442(+8)
2019 1 エイシンファイア 57 500(+3)
2 キャプテンオリオン 57 534(-1)
3 イッツガナハプン 57 499(+1)
2018 1 イッツガナハプン 57 494(+3)
2 トウカイハッピー 57 494(-5)
3 ワイルドコットン 57 504(-1)
2017 1 セトノプロミス 57 511(-5)
2 カイロス 57 524(+5)
3 マルマロス 57 531(0)
2016 1 メイショウツチヤマ 57 497(-4)
2 ニシノファイター 57 522(-2)
3 リワードレブロン 57 492(0)
2015 1 マウンテンダイヤ 57 524(-3)
2 バーチャルトラック 57 469(-2)
3 リワードレブロン 57 499(+12)
2014 1 オオミカミ 57 511(+1)
2 リワードアンク 57 472(-4)
3 グランシュヴァリエ 57 516(+2)
2013 1 グランシュヴァリエ 57 507(+3)
2 バウンサー 57 509(-4)
3 クイックリープ 57 473(-2)
2012 1 タンゴノセック 57 484(-3)
2 チュニジアンブルー 57 494(0)
3 リワードレブロン 57 487(+4)
2011 1 アプローチアゲン 57 465(+4)
2 ハンドシェイク 57 520(+9)
3 ダノンムロー 57 472(+4)
  • 馬体はあった方が良さそうで、500kg越えの大型馬が多く馬券内に入って来ています。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ウォーターマーズ 4-4-3-2
2 キャプテンオリオン 8-6-6-1
3 アースグロウ 1-1-1-3
2019 1 エイシンファイア 8-8-8-2
2 キャプテンオリオン 2-2-2-1
3 イッツガナハプン 9-9-9-6
2018 1 イッツガナハプン 5-4-4-1
2 トウカイハッピー 6-8-5-3
3 ワイルドコットン 7-7-5-6
2017 1 セトノプロミス 5-5-4-1
2 カイロス 1-1-1-2
3 マルマロス 2-2-2-3
2016 1 メイショウツチヤマ 5-4-2-1
2 ニシノファイター 1-1-1-2
3 リワードレブロン 6-6-5-4
2015 1 マウンテンダイヤ 2-2-1-1
2 バーチャルトラック 5-3-3-2
3 リワードレブロン 3-4-2-3
2014 1 オオミカミ 1-1-1-1
2 リワードアンク 3-2-2-2
3 グランシュヴァリエ 4-4-3-4
2013 1 グランシュヴァリエ 1-1-1-1
2 バウンサー 3-2-2-2
3 クイックリープ 2-3-2-3
2012 1 タンゴノセック 6-6-4-3
2 チュニジアンブルー 1-1-1-1
3 リワードレブロン 4-4-3-2
2011 1 アプローチアゲン 2-2-2-1
2 ハンドシェイク 7-7-7-3
3 ダノンムロー 5-5-3-2
  • 以前までは逃げ馬が強く、逃げたらほぼほぼ勝ちきれるという状態でしたが、近年はその傾向が薄れており、逃げ馬には厳しい展開が続いています。
  • 近年では中断からの差し馬または捲ってきた馬が優勢です。
タイトルとURLをコピーしました