スポンサーリンク

安田記念2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年6月6日(日曜日)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1600m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 11 グランアレグリア 牝4 3 高松宮記念2着
2 5 アーモンドアイ 牝5 1 ヴィクトリアマイル1着
3 6 インディチャンプ 牡5 2 マイラーズカップ1着
2019 1 5 インディチャンプ 牡4 4 マイラーズカップ4着
2 2 アエロリット 牝5 3 ヴィクトリアマイル5着
3 14 アーモンドアイ 牝4 1 ドバイターフ1着
2018 1 10 モズアスコット 牡4 9 安土城S2着
2 4 アエロリット 牝4 5 ヴィクトリアマイル4着
3 1 スワーヴリチャード 牡4 1 大阪杯1着
2017 1 14 サトノアラジン 牡6 7 京王杯スプリングC9着
2 16 ロゴタイプ 牡7 8 中山記念3着
3 6 レッドファルクス 牡6 3 京王杯スプリングカップ1着
2016 1 6 ロゴタイプ 牡6 8 ダービー卿チャレンジT2着
2 8 モーリス 牡5 1 ザチャンピオンマイル1着
3 10 フィエロ 牡7 6 マイラーズカップ4着
2015 1 6 モーリス 牡4 1 ダービー卿チャレンジT1着
2 13 ヴァンセンヌ 牡6 3 京王杯スプリングカップ2着
3 12 クラレント 牡6 12 マイラーズカップ10着
2014 1 10 ジャスタウェイ 牡5 1 ドバイDutyFree1着
2 12 グランプリボス 牡6 16 マイルCS9着
3 11 ションナンマイティ 牡6 10 大阪杯5着
2013 1 10 ロードカナロア 牡5 1 高松宮記念1着
2 2 ショウナンマイティ 牡5 3 大阪杯2着
3 16 ダノンシャーク 牡5 12 マイラーズカップ3着
2012 1 4 ストロングリターン 牡6 2 京王杯スプリングカップ4着
2 3 グランプリボス 牡4 13 京王杯スプリングカップ7着
3 8 コスモセンサー 牡5 15 マイラーズカップ3着
2011 1 14 リアルインパクト 牡3 9 NHKマイルカップ3着
2 1 ストロングリターン 牡5 5 京王杯スプリングカップ1着
3 3 スマイルジャック 牡6 3 マイラーズカップ6着

【傾向

前走 
  • マイラーズカップ組が優勢で、近年では前走G1組の好走も目立ちます。
枠順 
  • 大きな偏りはありませんが、外枠と5、6番の馬が優勢となっています。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 グランアレグリア 12.0 1.8
2 アーモンドアイ 1.3 1.1
3 インディチャンプ 7.0 1.3
2019 1 インディチャンプ 19.2 2.9
2 アエロリット 12.5 2.4
3 アーモンドアイ 1.7 1.1
2018 1 モズアスコット 15.7 4.1
2 アエロリット 10.7 2.9
3 スワーヴリチャード 2.8 1.6
2017 1 サトノアラジン 12.4 3.8
2 ロゴタイプ 14.6 4.4
3 レッドファルクス 7.9 3.4
2016 1 ロゴタイプ 36.9 5.2
2 モーリス 1.7 1.3
3 フィエロ 29.5 4.5
2015 1 モーリス 3.7 2.1
2 ヴァンセンヌ 6.6 2.4
3 クラレント 42.7 7.4
2014 1 ジャスタウェイ 1.7 1.1
2 グランプリボス 148.4 22.0
3 ションナンマイティ 37.1 6.0
2013 1 ロードカナロア 4.0 2.0
2 ションナンマイティ 5.7 2.1
3 ダノンシャーク 37.2 6.8
2012 1 ストロングリターン 6.7 2.5
2 グランプリボス 25.3 7.3
3 コスモセンサー 35.7 8.7
2011 1 リアルインパクト 29.3 7.1
2 ストロングリターン 11.9 4.2
3 スマイルジャック 9.8 3.4
  • 近年は人気サイドで決まってはいますが、波乱の多いレースでもありアーモンドアイが勝てなかったり伏兵の優勝があったりと配当的には期待できるレースとなっています。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 グランアレグリア 56 492(+6)
2 アーモンドアイ 56 488(+2)
3 インディチャンプ 58 480(+4)
2019 1 インディチャンプ 58 470(0)
2 アエロリット 56 516(+4)
3 アーモンドアイ 56 484(不)
2018 1 モズアスコット 58 482(-6)
2 アエロリット 56 502(-2)
3 スワーヴリチャード 58 506(-10)
2017 1 サトノアラジン 58 528(+4)
2 ロゴタイプ 58 494(-4)
3 レッドファルクス 58 474(0)
2016 1 ロゴタイプ 58 496(-2)
2 モーリス 58 514(-4)
3 フィエロ 58 500(-8)
2015 1 モーリス 58 510(+2)
2 ヴァンセンヌ 58 502(-6)
3 クラレント 58 496(-2)
2014 1 ジャスタウェイ 58 498(不)
2 グランプリボス 58 502(-8)
3 ションナンマイティ 58 502(-2)
2013 1 ロードカナロア 58 500(+2)
2 ションナンマイティ 58 516(+4)
3 ダノンシャーク 58 452(0)
2012 1 ストロングリターン 58 516(-2)
2 グランプリボス 58 496(0)
3 コスモセンサー 58 510(0)
2011 1 リアルインパクト 53 494(-2)
2 ストロングリターン 58 518(-2)
3 スマイルジャック 58 490(-6)
  • 牝馬の活躍があまりなかったレースですが、ここ最近は強い馬ではあるものの牝馬の活躍も目立ちます。
  • 馬体重は490kg以上で優勢な傾向です。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 グランアレグリア 8-7
2 アーモンドアイ 11-11
3 インディチャンプ 9-7
2019 1 インディチャンプ 4-5
2 アエロリット 1-1
3 アーモンドアイ 11-9
2018 1 モズアスコット 11-12
2 アエロリット 3-3
3 スワーヴリチャード 5-5
2017 1 サトノアラジン 14-15
2 ロゴタイプ 1-1
3 レッドファルクス 14-13
2016 1 ロゴタイプ 1-1
2 モーリス 2-2
3 フィエロ 9-9
2015 1 モーリス 3-3
2 ヴァンセンヌ 12-10
3 クラレント 5-4
2014 1 ジャスタウェイ 9-11
2 グランプリボス 9-9
3 ションナンマイティ 13-15
2013 1 ロードカナロア 8-8
2 ションナンマイティ 15-14
3 ダノンシャーク 11-11
2012 1 ストロングリターン 13-12
2 グランプリボス 11-10
3 コスモセンサー 4-4
2011 1 リアルインパクト 3-3
2 ストロングリターン 12-11
3 スマイルジャック 14-15
  • 差しが優勢なレースですが、度々逃げ馬が逃げ残っており注意が必要です。
血統
安田記念2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201グランアレグリアサンデーサイレンスボールドルーラー2アーモンドアイMr.prospectorサンデーサイレンス3インディチャンプ...
タイトルとURLをコピーしました