スポンサーリンク

鳴尾記念2021 傾向と対策

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年6月5日(土曜日)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 1 パフォーマプロミス 牡8 10 天皇賞春3着
2 7 ラヴズオンリーユー 牝4 1 ヴィクトリアマイル7着
3 8 レッドジェニアル 牡4 4 大阪杯8着
2019 1 7 メールドグラース 牡4 1 新潟大賞典1着
2 9 ブラックスピネル 牡6 5 新潟大賞典5着
3 6 ステイフーリッシュ 牡4 4 大阪杯13着
2018 1 8 ストロングタイタン 牡5 4 都大路S9着
2 2 トリオンフ セ4 1 新潟大賞典4着
3 5 トリコロールブルー 牡4 2 大阪城S1着
2017 1 9 ステイインシアトル 牡6 3 福島民報杯6着
2 8 スマートレイアー 牝7 1 ヴィクトリアマイル4着
3 3 マイネルフロスト 牡6 7 新潟大賞典2着
2016 1 3 サトノノブレス 牡6 3 天皇賞春11着
2 12 ステファノス 牡5 2 香港C10着
3 2 プランスペスカ 牡6 13 都大路S7着
2015 1 10 ラブリーデイ 牡5 2 天皇賞春8着
2 6 マジェスティハーツ 牡5 8 都大路S4着
3 4 アズマシャトル 牡4 4 新潟大賞典12着
2014 1 11 エアソミュール 牡5 1 中山記念10着
2 10 アドマイヤタイシ 牡7 9 新潟大賞典13着
3 2 フラガラッハ 牡7 10 大阪杯6着
2013 1 10 トウケイヘイロー 牡4 6 京王杯SC8着
2 9 エクスペディション 牡6 7 小倉大賞典16着
3 7 ダノンバラード 牡5 3 日経賞7着
2012 1 10 トゥザグローリー 牡5 2 中山記念10着
2 8 ショウナンマイティ 牡4 1 大阪杯1着
3 6 トーセンラー 牡4 5 新潟大賞典11着
2011 1 13 レッドデイヴィス セ3 4 京都新聞杯10着
2 2 ショウナンマイティ 牡3 6 菊花賞8着
3 11 サダムパデック 牡3 1 菊花賞5着

【傾向

前走 
  • 新潟大賞典組、春のG1を使ってきた馬が優勢です。
  • OPでは都大路Sが不気味な存在です。
枠順 
  • 7・8枠が優勢です。外枠中心に馬券を組み立てるのが無難かもしれません。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 パフォーマプロミス 33.5 5.7
2 ラヴズオンリーユー 1.8 1.2
3 レッドジェニアル 9.9 2.6
2019 1 メールドグラース 2.7 1.3
2 ブラックスピネル 13.7 2.8
3 ステイフーリッシュ 4.8 1.5
2018 1 ストロングタイタン 5.9 1.5
2 トリオンフ 2.8 1.1
3 トリコロールブルー 3.8 1.2
2017 1 ステイインシアトル 7.9 2.0
2 スマートレイアー 2.3 1.2
3 マイネルフロスト 13.8 2.5
2016 1 サトノノブレス 3.8 1.5
2 ステファノス 3.3 1.6
3 プランスペスカ 252.7 27.6
2015 1 ラブリーデイ 4.0 1.8
2 マジェスティハーツ 35.8 6.4
3 アズマシャトル 8.0 2.4
2014 1 エアソミュール 3.9 1.8
2 アドマイヤタイシ 16.8 3.8
3 フラガラッハ 25.3 6.8
2013 1 トウケイヘイロー 11.6 4.0
2 エクスペディション 26.8 7.8
3 ダノンバラード 4.5 2.0
2012 1 トゥザグローリー 3.8 1.5
2 ショウナンマイティ 2.7 1.3
3 トーセンラー 10.1 2.1
2011 1 レッドデイヴィス  6.1 2.4
2 ショウナンマイティ 10.2 2.7
3 サダムパデック 2.9 1.4
  • やや波乱傾向ですが、近年は人気馬が馬券内に順当に入ることが多いです。たまに大穴が顔を出したりするので注意が必要です。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 パフォーマプロミス 56 466(+14)
2 ラヴズオンリーユー 54 474(+8)
3 レッドジェニアル 56 486(0)
2019 1 メールドグラース 56 476(-2)
2 ブラックスピネル 56 506(-8)
3 ステイフーリッシュ 56 458(+4)
2018 1 ストロングタイタン 56 520(-2)
2 トリオンフ 56 530(+4)
3 トリコロールブルー 56 492(-4)
2017 1 ステイインシアトル 56 484(-8)
2 スマートレイアー 54 476(+6)
3 マイネルフロスト 56 488(0)
2016 1 サトノノブレス 56 504(-10)
2 ステファノス 56 486(+9)
3 プランスペスカ 56 472(+2)
2015 1 ラブリーデイ 57 486(-8)
2 マジェスティハーツ 56 498(-6)
3 アズマシャトル 56 500(-12)
2014 1 エアソミュール 56 496(-4)
2 アドマイヤタイシ 56 470(-10)
3 フラガラッハ 56 494(+2)
2013 1 トウケイヘイロー 56 488(-4)
2 エクスペディション 56 452(+4)
3 ダノンバラード 57 486(+6)
2012 1 トゥザグローリー 57 534(-2)
2 ショウナンマイティ 57 494(-6)
3 トーセンラー 56 438(-6)
2011 1 レッドデイヴィス 55 482(+20)
2 ショウナンマイティ 55 488(+2)
3 サダムパデック 56 500(-2)
  • 450kg以上の馬が優勢で、ある程度の馬格は求められそうです。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 パフォーマプロミス 8-9-7-5
2 ラヴズオンリーユー 5-6-5-5
3 レッドジェニアル 15-14-13-13
2019 1 メールドグラース 7-7-7-7
2 ブラックスピネル 1-1-1-1
3 ステイフーリッシュ 4-4-4-2
2018 1 ストロングタイタン 5-5-5-4
2 トリオンフ 5-5-5-4
3 トリコロールブルー 7-7-8-7
2017 1 ステイインシアトル 1-1-1-1
2 スマートレイアー 5-5-5-5
3 マイネルフロスト 3-3-3-3
2016 1 サトノノブレス 4-4-3-2
2 ステファノス 8-8-6-6
3 プランスペスカ 4-6-6-6
2015 1 ラブリーデイ 5-5-5-5
2 マジェスティハーツ 9-9-10-11
3 アズマシャトル 8-8-7-6
2014 1 エアソミュール 9-9-8-7
2 アドマイヤタイシ 3-3-3-3
3 フラガラッハ 9-9-10-10
2013 1 トウケイヘイロー 2-2-1-1
2 エクスペディション 9-9-10-9
3 ダノンバラード 5-5-9-5
2012 1 トゥザグローリー 2-2-2-2
2 ショウナンマイティ 9-9-6-7
3 トーセンラー 2-2-4-4
2011 1 レッドデイヴィス 10-8
2 ショウナンマイティ 11-12
3 サダムパデック 4-3
  • 逃げ馬がある程度絡んでおり注意が必要です。とはいえ基本は後ろからまたは中団からの差し馬が中心となるためそこから馬券を組み立てると良さそうです。
血統
鳴尾記念2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201パフォーマプロミスサンデーサイレンスロベルト2ラヴズオンリーユーサンデーサイレンスストームバード3レッドジェニアルMr.pros...
タイトルとURLをコピーしました