スポンサーリンク

六甲盃2021 傾向と分析

スポンサーリンク
地方競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年6月3日(木曜日)
開催 園田競馬場
距離 ダート2400m

過去10年の結果

2019年は兵庫競馬の体制見直しにより二度の開催

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 1 アッキー 牝7 5 アルタイル特別1着
2 2 タガノゴールド 牡9 1 兵庫大賞典1着
3 6 マイフォルテ 牡6 2 オグリキャップ記念1着
2019(6月) 1 12 タガノゴールド 牡8 3 兵庫大賞典3着
2 3 タガノヴェリテ セ7 5 あやめ賞1着
3 6 メイショウオオゼキ セ9 1 オグリキャップ記念2着
2019(3月) 1 1 タガノゴールド 牡8 2 梅見月杯6着
2 12 メイショウオオゼキ セ9 1 ラジオ関西特別1着
3 4 エイシンミノアカ 牝6 3 ラジオ関西特別6着
2018 1 11 ノブタイザン 牡5 4 A1  3着
2 1 キクノソル 牡8 1 佐賀記念4着
3 2 エイシンホクトセイ 牡7 2 A1  1着
2017 1 3 カツゲキキトキト 牡4 1 佐賀記念4着
2 7 アサクサセーラ 牡4 3 トータリゼータC1着
3 6 アクロマティック セ7 4 園田ウインターC3着
2016 1 1 ベルライン 牝6 5 梅見月杯3着
2 11 バレーナボス 牡5 2 神河町制10周年1着
3 5 キングブラーボ 牡8 6 小野市白雲谷温泉1着
2015 1 8 ハルイチバン 牡5 1 兵庫県馬事畜産特別1着
2 2 ビービーガザリアス 牡8 6 梅見月杯8着
3 6 ブルースイショウ 牡6 10 兵庫県馬事畜産特別9着
2014 1 4 ハルイチバン 牡4 5 A1  2着
2 10 ホクセツサンデー 牡6 1 佐賀記念7着
3 1 ニシノイーグル 牡6 3 兵庫県馬事畜産特別6着
2013 1 6 エリモアラルマ 牡7 5 サンテレビ盃A1  2着
2 12 エイシンナナツボシ 牡6 3 梅見月杯2着
3 10 ストライピング セ6 8 A2 1着
2012 1 9 パーフェクトラン 牡9 1 姫路かしの木特別1着
2 2 マルヨフェニックス 牡8 3 梅見月杯4着
3 4 ホクセツサンデー 牡4 4 姫路かしの木特別2着
2011 1 10 マルヨフェニックス 牡7 1 佐賀記念4着
2 3 レッドゾーン 牡7 5 大和川特別1着
3 11 コスモハレルヤ 牡4 3 豊岡市城崎温泉特別2着

【傾向

前走 
  • 2019年から開催月が変わっておりますが、二年連続で兵庫大賞典、オグリキャップ記念組が馬券内に好走しています。
枠順 
  • 最内枠など内枠と、二桁馬番の馬の活躍が目立ちます。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 アッキー 24.0 2.5
2 タガノゴールド 1.2 1.0
3 マイフォルテ 5.0 1.3
2019(6月) 1 タガノゴールド 4.4 1.6
2 タガノヴェリテ 15.0 2.4
3 メイショウオオゼキ 2.4 1.2
2019(3月) 1 タガノゴールド 2.6 1.1
2 メイショウオオゼキ 1.6 1.0
3 エイシンミノアカ 13.1 1.5
2018 1 ノブタイザン 11.4 1.9
2 キクノソル 2.2 1.2
3 エイシンホクトセイ 3.7 1.3
2017 1 カツゲキキトキト 1.8 1.0
2 アサクサセーラ 8.9 1.5
3 アクロマティック 14.4 2.4
2016 1 ベルライン 16.4 2.9
2 バレーナボス 2.8 1.2
3 キングブラーボ 20.3 3.2
2015 1 ハルイチバン 1.7 1.2
2 ビービーガザリアス 33.2 4.8
3 ブルースイショウ 112.5 11.2
2014 1 ハルイチバン 9.0 1.8
2 ホクセツサンデー 2.3 1.1
3 ニシノイーグル 4.2 1.4
2013 1 エリモアラルマ 16.6 2.7
2 エイシンナナツボシ 6.6 2.1
3 ストライピング 32.4 10.8
2012 1 パーフェクトラン 2.7 1.2
2 マルヨフェニックス 3.7 1.5
3 ホクセツサンデー 5.2 1.4
2011 1 マルヨフェニックス 1.2 1.0
2 レッドゾーン 16.7 2.1
3 コスモハレルヤ 13.1 1.3
  • 基本的には5番人気馬までの馬で決着しています。大穴が来ることもありますが確率としては低めのレースです。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 アッキー 54 460(-14)
2 タガノゴールド 56 489(-3)
3 マイフォルテ 56 485(+15)
2019(6月) 1 タガノゴールド 56 481(+1)
2 タガノヴェリテ 56 479(-2)
3 メイショウオオゼキ 56 491(-1)
2019(3月) 1 タガノゴールド 56 475(-3)
2 メイショウオオゼキ 56 500(-1)
3 エイシンミノアカ 54 451(-2)
2018 1 ノブタイザン 56 492(-4)
2 キクノソル 56 539(+18)
3 エイシンホクトセイ 56 484(-1)
2017 1 カツゲキキトキト 56 510(+8)
2 アサクサセーラ 56 504(-6)
3 アクロマティック 56 436(-6)
2016 1 ベルライン 54 472(-4)
2 バレーナボス 56 470(-1)
3 キングブラーボ 56 526(+3)
2015 1 ハルイチバン 56 528(-3)
2 ビービーガザリアス 56 495(-7)
3 ブルースイショウ 56 497(+5)
2014 1 ハルイチバン 56 522(-3)
2 ホクセツサンデー 56 494(+6)
3 ニシノイーグル 56 494(-7)
2013 1 エリモアラルマ 56 508(+3)
2 エイシンナナツボシ 56 551(+1)
3 ストライピング 56 552(+2)
2012 1 パーフェクトラン 56 505(-9)
2 マルヨフェニックス 56 485(-9)
3 ホクセツサンデー 56 483(+2)
2011 1 マルヨフェニックス 56 489(+6)
2 レッドゾーン 56 486(-6)
3 コスモハレルヤ 56 478(+2)
  • 特に大きな差はありませんが、460kg未満の馬は人気馬であってもあまり来れていません。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 アッキー 1-1-1-1
2 タガノゴールド 4-4-2-2
3 マイフォルテ 9-9-7-6
2019(6月) 1 タガノゴールド 5-5-3-3
2 タガノヴェリテ 6-7-6-4
3 メイショウオオゼキ 1-1-1-2
2019(3月) 1 タガノゴールド 3-3-3-3
2 メイショウオオゼキ 5-6-4-3
3 エイシンミノアカ 4-4-2-1
2018 1 ノブタイザン 11-10-9-8
2 キクノソル 3-3-1-1
3 エイシンホクトセイ 6-6-4-3
2017 1 カツゲキキトキト 2-2-1-1
2 アサクサセーラ 1-1-1-1
3 アクロマティック 6-5-3-4
2016 1 ベルライン 4-4-5-2
2 バレーナボス 7-7-4-5
3 キングブラーボ 2-2-1-1
2015 1 ハルイチバン 3-3-1-1
2 ビービーガザリアス 5-4-4-3
3 ブルースイショウ 8-8-4-4
2014 1 ハルイチバン 1-1-1-1
2 ホクセツサンデー 2-2-2-2
3 ニシノイーグル 8-7-7-5
2013 1 エリモアラルマ 9-9-4-2
2 エイシンナナツボシ 2-1-1-1
3 ストライピング 5-5-2-3
2012 1 パーフェクトラン 6-4-2-2
2 マルヨフェニックス 2-2-1-1
3 ホクセツサンデー 5-4-5-3
2011 1 マルヨフェニックス 1-1-1-1
2 レッドゾーン 10-10-2-2
3 コスモハレルヤ 4-5-3-3
  • 先行サイド二頭と差し馬一頭のパターンが多いです。後方からでも差し切ることがあるので注意が必要です。
タイトルとURLをコピーしました