スポンサーリンク

エプソムカップ2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年6月13日(日曜日)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1800m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 6 ダイワキャグニー 牡6 9 新潟大賞典14着
2 1 ソーグリッタリング 牡6 5 メイS2着
3 18 トーラスジェミニ 牡4 18 ダービー卿CT11着
2019 1 9 レイエンダ 牡4 5 メイS9着
2 6 サラキア 牝4 7 阪神牝馬S10着
3 4 ソーグリッタリング 牡5 1 都大路S1着
2018 1 16 サトノアーサー 牡4 2 メイS3着
2 6 ハクサンルドルフ 牡5 4 新潟大賞典8着
3 5 グリュイエール 牡6 5 府中S1着
2017 1 12 ダッシングブレイズ 牡5 5 京王杯SC7着
2 10 アストラエンブレム 牡4 1 メイS2着
3 7 マイネルハニー 牡4 6 小倉大賞典16着
2016 1 18 ルージュバック 牝4 1 ヴィクトリアマイル5着
2 16 フルーキー 牡6 3 新潟大賞典2着
3 13 マイネルミラノ 牡6 6 新潟大賞典5着
2015 1 6 エイシンヒカリ 牡4 2 都大路S1着
2 2 サトノアラジン 牡4 1 モンゴル大統領賞1着
3 12 ディサイファ 牡6 4 中日新聞杯1着
2014 1 1 ディサイファ 牡5 2 都大路S2着
2 5 マイネルラクリマ 牡6 4 チャンピオンズマイル10着
3 4 ダークシャドウ 牡7 8 中山記念11着
2013 1 3 クラレント 牡4 4 マイラーズC8着
2 13 ジャスタウェイ 牡4 3 中日新聞杯8着
3 1 サンレイレーザー 牡4 7 マイラーズC2着
2012 1 6 トーセンレーヴ 牡4 1 マイラーズC8着
2 14 ダノンシャーク 牡4 2 マイラーズC2着
3 3 マイネルスターリー 牡7 15 新潟大賞典8着
2011 1 3 ダークシャドウ 牡4 1 マイラーズC2着
2 7 エーブチェアマン 牡4 6 きぼう賞1着
3 6 セイクリッドバレー 牡5 2 新潟大賞典1着

【傾向

前走 
  • 新潟大賞典、メイS組が多く馬券内に入ってきています。
  • 他には都大路S連対馬に注意を払いたいところです。
枠順 
  • 2枠、3枠、8枠の好走が多いです。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 ダイワキャグニー 22.1 6.6
2 ソーグリッタリング 9.8 3.2
3 トーラスジェミニ 136.9 33.1
2019 1 レイエンダ 8.6 3.1
2 サラキア 14.3 4.3
3 ソーグリッタリング 3.8 1.8
2018 1 サトノアーサー 5.6 2.0
2 ハクサンルドルフ 7.0 2.4
3 グリュイエール 7.9 2.5
2017 1 ダッシングブレイズ 11.4 3.0
2 アストラエンブレム 2.3 1.3
3 マイネルハニー 12.5 3.2
2016 1 ルージュバック 2.8 1.4
2 フルーキー 5.0 1.7
3 マイネルミラノ 16.5 3.7
2015 1 エイシンヒカリ 3.0 1.3
2 サトノアラジン 2.1 1.1
3 ディサイファ 7.1 1.5
2014 1 ディサイファ 4.3 1.7
2 マイネルラクリマ 11.2 3.4
3 ダークシャドウ 17.7 5.2
2013 1 クラレント 6.8 2.9
2 ジャスタウェイ 6.2 2.6
3 サンレイレーザー 11.4 3.7
2012 1 トーセンレーヴ 3.7 1.6
2 ダノンシャーク 3.9 1.6
3 マイネルスターリー 146.9 19.5
2011 1 ダークシャドウ 2.4 1.4
2 エーブチェアマン 14.0 3.6
3 セイクリッドバレー 6.1 1.9
  • 2020年の大波乱が印象的なレースですが、基本的に大波乱は少なめで中穴の好走が目立つレースです。例年の傾向でいくならば7人気馬までの決着を考えてもいいかもしれません。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 ダイワキャグニー 56 500(-16)
2 ソーグリッタリング 57 486(+8)
3 トーラスジェミニ 56 478(-4)
2019 1 レイエンダ 56 486(0)
2 サラキア 54 448(+6)
3 ソーグリッタリング 57 484(-4)
2018 1 サトノアーサー 56 480(0)
2 ハクサンルドルフ 56 464(+2)
3 グリュイエール 56 486(0)
2017 1 ダッシングブレイズ 56 500(0)
2 アストラエンブレム 56 470(+4)
3 マイネルハニー 56 478(-2)
2016 1 ルージュバック 54 452(-6)
2 フルーキー 58 480(-8)
3 マイネルミラノ 56 494(+6)
2015 1 エイシンヒカリ 56 494(-2)
2 サトノアラジン 56 522(-2)
3 ディサイファ 57 496(+8)
2014 1 ディサイファ 56 492(+6)
2 マイネルラクリマ 57 480(-4)
3 ダークシャドウ 59 516(-4)
2013 1 クラレント 56 490(+10)
2 ジャスタウェイ 56 496(+10)
3 サンレイレーザー 56 516(-4)
2012 1 トーセンレーヴ 56 468(0)
2 ダノンシャーク 56 446(+8)
3 マイネルスターリー 57 488(-4)
2011 1 ダークシャドウ 56 508(+16)
2 エーブチェアマン 56 442(-2)
3 セイクリッドバレー 56 490(-2)
  • 500kgを超える馬が意外にも来れていません。440kgから500kgの馬が優勢と見えます。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ダイワキャグニー 3-2-2
2 ソーグリッタリング 6-5-4
3 トーラスジェミニ 1-1-1
2019 1 レイエンダ 2-2-2
2 サラキア 1-1-1
3 ソーグリッタリング 4-5-5
2018 1 サトノアーサー 3-6-6
2 ハクサンルドルフ 12-13-13
3 グリュイエール 10-8-8
2017 1 ダッシングブレイズ 5-2-3
2 アストラエンブレム 2-2-3
3 マイネルハニー 1-1-1
2016 1 ルージュバック 8-9-9
2 フルーキー 14-12-11
3 マイネルミラノ 1-1-1
2015 1 エイシンヒカリ 1-1-1
2 サトノアラジン 4-4-4
3 ディサイファ 10-10-8
2014 1 ディサイファ 4-6-9
2 マイネルラクリマ 2-2-2
3 ダークシャドウ 8-10-10
2013 1 クラレント 2-2-2
2 ジャスタウェイ 14-11-11
3 サンレイレーザー 5-4-5
2012 1 トーセンレーヴ 2-3-3
2 ダノンシャーク 6-6-5
3 マイネルスターリー 3-2-1
2011 1 ダークシャドウ 5-5-4
2 エーブチェアマン 13-14-15
3 セイクリッドバレー 16-17-17
  • 逃げ馬が残るレースで逃げ候補の馬は人気薄であっても押さえておいて損はなさそうです。後方からの差し馬は例年一頭が限界で先行勢に分があるレースと言えます。
血統
エプソムカップ2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201ダイワキャグニーMr.prospectorサンデーサイレンス2ソーグリッタリングサンデーサイレンスロベルト3トーラスジェミニMr...
タイトルとURLをコピーしました