スポンサーリンク

北海優駿2021 傾向と分析

スポンサーリンク
地方競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年6月17日(木曜日)
開催 門別競馬場
距離 ダート2000m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 8 アベニンドリーム 牡3 1 タカネナデシコ特別1着
2 2 シンボ 牡3 7 北斗盃3着
3 1 コパノリッチマン 牡3 3 ライラック特別1着
2019 1 8 リンゾウチャネル 牡3 1 北斗盃1着
2 4 リンノレジェンド 牡3 4 北斗盃5着
3 2 シベリアンプライド 牡3 3 北斗盃3着
2018 1 12 カツゲキジャパン 牡3 8 北斗盃4着
2 3 クロスウィンド 牝3 9 北斗盃14着
3 1 ストロングキック 牡3 7 花菖蒲特別4着
2017 1 7 ベンテンコゾウ 牡3 1 北斗盃1着
2 10 スカイロックゲート 牡3 8 3歳条件4-1  1着
3 2 モンサンルリアン 牡3 3 すみれ特別1着
2016 1 4 スティールキング 牡3 1 北斗盃1着
2 6 キングニミッツ 牡3 5 北斗盃3着
3 8 ジャストフォファン 牡3 2 ノーザンホースパーク1着
2015 1 8 フジノサムライ 牡3 5 ローズキングダム賞1着
2 6 タイムビヨンド 牝3 4 3歳条件4-1  1着
3 2 ジュエルクイーン 牝3 3 ヒダカソウカップ2着
2014 1 11 ヤマノミラクル 牡3 3 ローズキングダム賞1着
2 12 ワイルドサプライズ 牡3 5 3歳条件4-1 1着
3 3 スタンドアウト 牡3 4 3歳500万14着
2013 1 11 ミータロー 牡3 1 カジノドライヴ賞1着
2 3 ストロングサンデー 牡3 3 3歳条件4-2 1着
3 5 ライプメイン 牡3 4 カジノドライヴ賞2着
2012 1 3 ニシノファイター 牡3 1 マイネルラヴ賞1着
2 4 アベニンプレジャー 牡3 3 3歳条件1着
3 7 ハイタッチ 牡3 2 マイネルラヴ賞2着
2011 1 4 ピエールタイガー 牡3 5 北斗盃3着
2 12 スタープロフィット 牡3 2 スピカ特別1着
3 6 エルドラゴン 牡3 12 カネヒキリ賞5着

【傾向

前走 
  • 北斗盃組が近年優勢な傾向にあります。
枠順 
  • 大きな枠による違いはなさそうです。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 アベニンドリーム 1.6 1.1
2 シンボ 26.8 3.8
3 コパノリッチマン 9.3 2.7
2019 1 リンゾウチャネル 1.2 1.0
2 リンノレジェンド 12.4 1.5
3 シベリアンプライド 9.6 1.5
2018 1 カツゲキジャパン 33.9 4.3
2 クロスウィンド 69.2 12.4
3 ストロングキック 33.0 7.2
2017 1 ベンテンコゾウ 2.3 1.3
2 スカイロックゲート 22.2 2.8
3 モンサンルリアン 7.1 2.2
2016 1 スティールキング 1.4 1.0
2 キングニミッツ 23.5 1.7
3 ジャストフォファン 3.0 1.1
2015 1 フジノサムライ 52.5 4.1
2 タイムビヨンド 22.4 2.7
3 ジュエルクイーン 9.5 2.0
2014 1 ヤマノミラクル 5.7 1.6
2 ワイルドサプライズ 6.7 2.6
3 スタンドアウト 6.0 1,9
2013 1 ミータロー 1.4 1.0
2 ストロングサンデー 9.2 1.5
3 ライプメイン 10.3 1.4
2012 1 ニシノファイター 1.5 1.0
2 アベニンプレジャー 5.5 1.4
3 ハイタッチ 4.4 1.2
2011 1 ピエールタイガー 9.2 3.1
2 スタープロフィット 3.9 1.5
3 エルドラゴン 118.8 8.3
  • 中波乱の傾向です。人気馬は多く絡んでいますが、7人気以降の穴馬が絡むことも多く高配当となることもしばしばです。特に2018年は人気馬が壊滅し三連単で96万馬券が誕生しました。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 アベニンドリーム 56 508(0)
2 シンボ 56 454(-4)
3 コパノリッチマン 56 518(-2)
2019 1 リンゾウチャネル 56 492(-4)
2 リンノレジェンド 56 500(-10)
3 シベリアンプライド 56 512(0)
2018 1 カツゲキジャパン 56 454(+2)
2 クロスウィンド 54 462(+6)
3 ストロングキック 56 482(-6)
2017 1 ベンテンコゾウ 56 492(0)
2 スカイロックゲート 56 494(+2)
3 モンサンルリアン 56 496(+2)
2016 1 スティールキング 56 508(+2)
2 キングニミッツ 56 482(+12)
3 ジャストフォファン 56 498(+6)
2015 1 フジノサムライ 56 524(+6)
2 タイムビヨンド 54 448(0)
3 ジュエルクイーン 54 506(+2)
2014 1 ヤマノミラクル 56 448(+2)
2 ワイルドサプライズ 56 480(0)
3 スタンドアウト 56 444(+6)
2013 1 ミータロー 56 476(+8)
2 ストロングサンデー 56 470(-4)
3 ライプメイン 56 458(+2)
2012 1 ニシノファイター 56 488(-2)
2 アベニンプレジャー 56 506(-6)
3 ハイタッチ 56 502(+2)
2011 1 ピエールタイガー 56 486(-2)
2 スタープロフィット 56 474(-2)
3 エルドラゴン 56 500(+14)
  • 450kg以上ある馬が優勢です。近年は500kgオーバーの馬の好走が目立っており、この傾向は変わらないのではないでしょうか。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 アベニンドリーム 4-4-3-1
2 シンボ 1-1-1-1
3 コパノリッチマン 2-2-2-1
2019 1 リンゾウチャネル 3-2-3-1
2 リンノレジェンド 4-4-4-3
3 シベリアンプライド 6-6-6-5
2018 1 カツゲキジャパン 11-11-4-2
2 クロスウィンド 3-2-1-1
3 ストロングキック 10-9-9-5
2017 1 ベンテンコゾウ 2-2-2-2
2 スカイロックゲート 1-1-1-1
3 モンサンルリアン 4-4-5-4
2016 1 スティールキング 4-5-3-2
2 キングニミッツ 7-7-4-4
3 ジャストフォファン 1-1-1-1
2015 1 フジノサムライ 1-1-1-1
2 タイムビヨンド 7-7-6-4
3 ジュエルクイーン 5-5-5-6
2014 1 ヤマノミラクル 7-7-7-7
2 ワイルドサプライズ 4-4-3-2
3 スタンドアウト 3-3-4-4
2013 1 ミータロー 6-6-3-2
2 ストロングサンデー 1-1-1-1
3 ライプメイン 5-5-3-3
2012 1 ニシノファイター 2-2-1-1
2 アベニンプレジャー 4-4-4-3
3 ハイタッチ 1-1-1-1
2011 1 ピエールタイガー 2-2-1-1
2 スタープロフィット 4-3-4-1
3 エルドラゴン 11-12-11-10
  • 先行馬優勢で距離が長い割には逃げ馬も粘り切ることが多くなっています。
  • まれに後ろからの差しが決まることがありますが、それは大穴によることが多く高配当を演出してくれています。
タイトルとURLをコピーしました