スポンサーリンク

優駿スプリント2021 傾向と分析

スポンサーリンク
地方競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年6月29日(火曜日)
開催 大井競馬場
距離 ダート1200m

過去10年の結果


 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 7 カプリフレイバー 牡3 1 優駿スプリントトライ1着
2 5 ブロンディーヴァ 牝3 9 東京プリンセス賞13着
3 11 キングキャヴィア 牡3 10 若駒特別1着
2019 1 11 ナガタブラック 牡3 6 ジェミニ賞1着
2 6 ロイヤルビクトリー 牝3 2 優駿スプリントトライ1着
3 9 トーセンボルガ 牡3 10 若竹賞2着
2018 1 11 クルセイズスピリツ 牡3 11 若竹賞3着
2 12 シングンレガシイ 牝3 8 東京プリンセス賞5着
3 7 ヴィブラビ 牝3 6 優駿スプリントトライ2着
2017 1 2 バンドオンザラン 牡3 8 優駿スプリントトライ4着
2 9 サブノジュニア 牡3 1 優駿スプリントトライ1着
3 16 ジョワラルム 牡3 9 優駿スプリントトライ3着
2016 1 3 エイシンヒート 牡3 2 オープス中郷賞1着
2 8 ラクテ 牡3 1 羽田盃11着
3 12 ビッグジャイアント 牡3 12 若駒特別1着
2015 1 5 ルックスザットキル 牡3 1 優駿スプリントトライ9着
2 8 アクティフ 牝3 2 優駿スプリントトライ1着
3 7 コンドルダンス 牡3 6 東京ダービー15着
2014 1 8 アピア 牡3 1 優駿スプリントトライ1着
2 11 バーンザワールド 牡3 14 カーネーション特別4着
3 9 マルモリロイヤル 牡3 3 優駿スプリントトライ2着
2013 1 1 ハートデイズナイト 牝3 2 優駿スプリントトライ1着
2 6 オキナワレッド 牝3 3 若駒特別1着
3 3 オグリタイム 牡3 4 東京ダービー14着
2012 1 10 ゴールドキャヴィア 牝3 4 東京ダービー15着
2 7 コウヨウタレイア 牝3 2 ムーンストーン賞2着
3 12 オゼキング 牡3 3 ひなげし特別1着
2011 1 5 ミヤサンキューティ 牝3 2 すずらん特別2着
2 7 セントマーチ 牡3 4 菖蒲特別1着
3 15 リバーキンタロー 牡3 7 東京ダービー15着

【傾向

前走 
  • 優駿スプリントトライ、東京プリンセス賞組が優勢です。たまに絡む若駒特別組と、東京ダービー大敗馬には注意したいところです。
枠順 
  • 6枠優勢もどの枠からも絡む可能性があります。
  • 現在馬番11の馬が3年連続で馬券内に入っており注意が必要です。
オッズ 

 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 カプリフレイバー 1.7 1.2
2 ブロンディーヴァ 36.0 6.4
3 キングキャヴィア 36.9 6.2
2019 1 ナガタブラック 15.9 3.8
2 ロイヤルビクトリー 4.5 1.9
3 トーセンボルガ 56.9 14.1
2018 1 クルセイズスピリツ 47.8 9.6
2 シングンレガシイ 20.6 5.6
3 ヴィブラビ 10.8 3.5
2017 1 バンドオンザラン 28.9 3.9
2 サブノジュニア 1.3 1.1
3 ジョワラルム 56.9 5.4
2016 1 エイシンヒート 4.5 1.7
2 ラクテ 3.5 1.9
3 ビッグジャイアント 57.4 13.6
2015 1 ルックスザットキル 2.7 1.8
2 アクティフ 3.4 1.4
3 コンドルダンス 31.5 4.7
2014 1 アピア 1.1 1.1
2 バーンザワールド 99.7 18.3
3 マルモリロイヤル 15.5 2.4
2013 1 ハートデイズナイト 2.4 1.5
2 オキナワレッド 11.1 2.8
3 オグリタイム 14.1 3.2
2012 1 ゴールドキャヴィア 8.8 3.0
2 コウヨウタレイア 2.6 1.4
3 オゼキング 8.5 2.5
2011 1 ミヤサンキューティ 3.8 1.7
2 セントマーチ 6.3 2.6
3 リバーキンタロー 13.9 3.2
  • 馬券としては荒れ模様です。ここ3年連続で二桁人気馬の好走が続いているほか、7から9人気あたりの馬の好走も目立ちます。
斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 カプリフレイバー 57 512(+3)
2 ブロンディーヴァ 55 521(+4)
3 キングキャヴィア 57 521(-7)
2019 1 ナガタブラック 57 523(0)
2 ロイヤルビクトリー 55 447(+2)
3 トーセンボルガ 57 500(+2)
2018 1 クルセイズスピリツ 56 450(+1)
2 シングンレガシイ 55 473(+3)
3 ヴィブラビ 54 436(0)
2017 1 バンドオンザラン 57 515(+5)
2 サブノジュニア 57 515(+2)
3 ジョワラルム 56 456(-3)
2016 1 エイシンヒート 56 479(-3)
2 ラクテ 57 484(+16)
3 ビッグジャイアント 56 505(-8)
2015 1 ルックスザットキル 57 510(+1)
2 アクティフ 55 454(-5)
3 コンドルダンス 57 467(+1)
2014 1 アピア 57 520(-2)
2 バーンザワールド 56 436(-5)
3 マルモリロイヤル 56 455(-3)
2013 1 ハートデイズナイト 55 461(+1)
2 オキナワレッド 54 442(0)
3 オグリタイム 56 464(-9)
2012 1 ゴールドキャヴィア 55 496(-4)
2 コウヨウタレイア 54 525(-3)
3 オゼキング 56 473(+3)
2011 1 ミヤサンキューティ 53 544(+2)
2 セントマーチ 55 473(+2)
3 リバーキンタロー 55 460(-4)
  • 牝馬がある程度絡むレースです。
  • 牡馬であればある程度馬格のある馬が優勢です。
脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 カプリフレイバー 1-1
2 ブロンディーヴァ 4-4
3 キングキャヴィア 11-11
2019 1 ナガタブラック 4-3
2 ロイヤルビクトリー 7-7
3 トーセンボルガ 1-1
2018 1 クルセイズスピリツ 2-2
2 シングンレガシイ 5-4
3 ヴィブラビ 8-6
2017 1 バンドオンザラン 2-2
2 サブノジュニア 5-4
3 ジョワラルム 8-6
2016 1 エイシンヒート 7-6
2 ラクテ 5-5
3 ビッグジャイアント 12-13
2015 1 ルックスザットキル 1-1
2 アクティフ 2-2
3 コンドルダンス 16-16
2014 1 アピア 3-1
2 バーンザワールド 8-8
3 マルモリロイヤル 11-11
2013 1 ハートデイズナイト 6-6
2 オキナワレッド 4-3
3 オグリタイム 10-8
2012 1 ゴールドキャヴィア 4-2
2 コウヨウタレイア 6-5
3 オゼキング 9-8
2011 1 ミヤサンキューティ 4-3
2 セントマーチ 5-5
3 リバーキンタロー 7-6
  • 短距離戦ながら差しがある程度決まるレースです。逃げ馬が残る確率は30%であまり高くなく、軸とするなら中団から勝負できる馬を選ぶと良いかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました