スポンサーリンク

七夕賞2021 傾向と対策

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年7月11日(日曜日)
開催 福島競馬場11R
距離 芝2000m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 3 クレッシェンドラヴ 牡6 3 中山金杯7着
2 13 プラヴァス 牡4 7 新潟大賞典4着
3 12 ヴァンケドミンゴ 牡4 6 エールS1着
2019 1 12 ミッキースワロー 牡5 3 エプソムC10着
2 15 クレッシェンドラヴ 牡5 2 福島民報杯2着
3 9 ロードヴァンドール 牡6 12 天皇賞・春12着
2018 1 4 メドウラーク 牡7 11 米子S11着
2 5 マイネルサージュ 牡6 4 福島民報杯1着
3 8 パワーポケット 牡6 12 夏至S8着
2017 1 8 ゼーヴィント 牡4 1 AJCC2着
2 11 マイネルフロスト 牡6 5 鳴尾記念3着
3 12 ソールインパクト 牡5 7 芦ノ湖特別1着
2016 1 8 アルバートドック 牡4 3 エプソムC7着
2 4 ダコール 牡8 5 新潟大賞典4着
3 12 オリオンザジャパン セ6 11 アハルテケS4着
2015 1 11 グランデッツァ 牡6 2 鳴尾記念5着
2 12 ステラウインド 牡6 8 目黒記念12着
3 7 マデイラ 牡6 16 福島民報杯10着
2014 1 2 メイショウナルト セ6 5 鳴尾記念11着
2 4 ニューダイナスティ 牡5 10 仁川S10着
3 7 マイネルラクリマ 牡6 1 エプソムC2着
2013 1 4 マイネルラクリマ 牡5 1 都大路S2着
2 10 トレイルブレイザー 牡6 7 ドバイシーマ11着
3 2 タガノエルシコ 牡8 14 米子S8着
2012 1 6 アスカクリチャン 牡5 14 米子S10着
2 5 トーセンラー 牡4 1 鳴尾記念3着
3 7 ミキノバンジョー 牡5 7 福島テレビOP1着
2011 1 15 イタリアンレッド 牝5 7 マーメイドS4着
2 10 タッチミーノット 牡5 2 新潟大賞典6着
3 2 アニメイトバイオ 牝4 4 エプソムC7着

【傾向

前走 
  • 前走大敗からの好走が目立ちます。福島民報杯組の好走が目立ちます。
枠順 
  • 近年は6枠、8枠の好走馬が目立ちます。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 クレッシェンドラヴ 7.4 2.6
2 プラヴァス 12.4 3.9
3 ヴァンケドミンゴ 11.8 3.7
2019 1 ミッキースワロー 8.2 3.0
2 クレッシェンドラヴ 6.1 2.2
3 ロードヴァンドール 27.0 6.8
2018 1 メドウラーク 100.8 12.9
2 マイネルサージュ 7.8 2.6
3 パワーポケット 138.1 26.6
2017 1 ゼーヴィント 3.4 1.5
2 マイネルフロスト 8.6 2.4
3 ソールインパクト 17.1 3.8
2016 1 アルバートドック 5.9 2.4
2 ダコール 7.1 2.3
3 オリオンザジャパン 27.5 7.1
2015 1 グランデッツァ 4.5 2.1
2 ステラウインド 17.3 4.6
3 マデイラ 213.4 40.0
2014 1 メイショウナルト 12.0 3.9
2 ニューダイナスティ 26.3 6.3
3 マイネルラクリマ 3.1 1.5
2013 1 マイネルラクリマ 4.0 1.9
2 トレイルブレイザー 19.3 6.4
3 タガノエルシコ 46.2 10.1
2012 1 アスカクリチャン 54.4 9.7
2 トーセンラー 4.3 2.0
3 ミキノバンジョー 17.5 6.1
2011 1 イタリアンレッド 17.7 4.8
2 タッチミーノット 6.2 2.5
3 アニメイトバイオ 9.9 3.2
  • 大荒れな傾向があります。単勝万馬券も出ていたり、二桁人気馬が入るなどどこからでも馬券内に入る可能性がある極めて難解なレースとなっています。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 クレッシェンドラヴ 57 498(+4)
2 プラヴァス 55 492(+2)
3 ヴァンケドミンゴ 54 464(0)
2019 1 ミッキースワロー 57.5 478(-2)
2 クレッシェンドラヴ 55 498(+8)
3 ロードヴァンドール 55 498(-2)
2018 1 メドウラーク 54 506(-2)
2 マイネルサージュ 52 506(0)
3 パワーポケット 56 534(-6)
2017 1 ゼーヴィント 57 488(-4)
2 マイネルフロスト 57 496(+8)
3 ソールインパクト 53 492(+2)
2016 1 アルバートドック 57 476(-4)
2 ダコール 58 476(-2)
3 オリオンザジャパン 53 470(+6)
2015 1 グランデッツァ 57 504(-2)
2 ステラウインド 56 484(+8)
3 マデイラ 52 496(+4)
2014 1 メイショウナルト 56 448(-10)
2 ニューダイナスティ 56 478(0)
3 マイネルラクリマ 58 474(-6)
2013 1 マイネルラクリマ 57 478(-2)
2 トレイルブレイザー 58 494(–)
3 タガノエルシコ 55 426(0)
2012 1 アスカクリチャン 55 488(0)
2 トーセンラー 57 436(-2)
3 ミキノバンジョー 55 510(0)
2011 1 イタリアンレッド 52 474(-6)
2 タッチミーノット 55 492(-8)
3 アニメイトバイオ 55 476(-8)
  • 馬体重はある程度あった方がよく470kg以上が優勢です。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 クレッシェンドラヴ 12-11-9-5
2 プラヴァス 5-6-2-4
3 ヴァンケドミンゴ 7-9-6-7
2019 1 ミッキースワロー 10-10-9-4
2 クレッシェンドラヴ 14-12-10-8
3 ロードヴァンドール 3-3-3-3
2018 1 メドウラーク 11-10-8-6
2 マイネルサージュ 12-12-10-6
3 パワーポケット 6-7-4-3
2017 1 ゼーヴィント 7-7-5-3
2 マイネルフロスト 4-3-2-1
3 ソールインパクト 9-9-5-5
2016 1 アルバートドック 8-8-7-4
2 ダコール 10-10-9-6
3 オリオンザジャパン 3-4-5-2
2015 1 グランデッツァ 5-4-2-2
2 ステラウインド 10-10-10-9
3 マデイラ 3-4-5-2
2014 1 メイショウナルト 1-1-1-1
2 ニューダイナスティ 9-9-8-7
3 マイネルラクリマ 3-4-3-4
2013 1 マイネルラクリマ 3-3-3-1
2 トレイルブレイザー 6-6-7-2
3 タガノエルシコ 9-9-9-12
2012 1 アスカクリチャン 4-5-5-5
2 トーセンラー 10-11-13-14
3 ミキノバンジョー 1-1-1-1
2011 1 イタリアンレッド 13-13-8-6
2 タッチミーノット 6-8-8-11
3 アニメイトバイオ 6-6-8-6
  • 差し馬が優勢な傾向にあります。先行馬も若干絡んできてはいますが数は多くなく、逃げ馬は最近残れていません。
血統
七夕賞2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201クレッシェンドラヴサンデーサイレンスサドラーズウェルズ2プラヴァスMr.prospectorサンデーサイレンス3ヴァンケドミンゴ...
タイトルとURLをコピーしました