スポンサーリンク

プロキオンS2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年7月11日(日曜日)
開催 小倉競馬場11R
距離 ダート1700m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 6 サンライズノヴァ 牡6 5 かしわ記念3着
2 11 エアスピネル 牡7 8 函館記念13着
3 16 ヤマニンアンプリメ 牝6 9 東京スプリント8着
2019 1 10 アルクトス 牡4 2 欅S1着
2 12 ミッキーワイルド 牡4 3 麦秋S1着
3 4 ヴェンジェンス 牡6 4 天保山S1着
2018 1 13 マテラスカイ 牡4 5 花のみちS1着
2 6 インカンテーション 牡8 1 かしわ記念3着
3 3 ウインムート 牡5 2 天保山S1着
2017 1 12 キングズガード 牡6 5 天保山S2着
2 8 カフジテイク 牡5 1 ゴドルフィンマイル5着
3 14 ブライトライン 牡8 6 アルハテケS10着
2016 1 14 ノボバカラ 牡4 1 北海道SC2着
2 10 ニシケンモノノフ 牡5 3 天王山S1着
3 9 キングズガード 牡5 2 栗東S1着
2015 1 2 ベストウォーリア 牡5 4 かしわ記念2着
2 6 コーリンベリー 牝4 2 かきつばた記念1着
3 1 キョウワダッフィー 牡7 8 天保山S4着
2014 1 6 ベストウォーリア 牡4 1 アルハテケS2着
2 3 キョウワダッフィー 牡6 2 栗東S1着
3 1 ガンジス 牡5 10 すばるS10着
2013 1 5 アドマイヤロイヤル 牡6 2 欅S1着
2 1 セイクリムズン 牡7 5 さきたま杯2着
3 14 ダノンカモン 牡7 1 アルハテケS1着
2012 1 6 トシキャンディ 牝6 12 京葉S6着
2 14 アドマイヤロイヤル 牡5 4 アルハテケS3着
3 9 ファリダット 牡7 1 天保山S1着
2011 1 6 シルクフォーチュン 牡5 9 天王山S6着
2 13 ダノンカモン 牡5 3 フェブラリーS4着
3 2 ケイアイガーベラ 牝5 1 ポラリスS3着

【傾向

前走 
  • 前走かしわ記念組、天保山SなどのOP組、近年では3勝クラス組が優勢です。
枠順 
  • 3枠、7枠優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 サンライズノヴァ 11.0 4.0
2 エアスピネル 21.7 9.3
3 ヤマニンアンプリメ 24.3 7.3
2019 1 アルクトス 6.5 2.3
2 ミッキーワイルド 6.5 1.9
3 ヴェンジェンス 7.8 2.2
2018 1 マテラスカイ 7.8 2.8
2 インカンテーション 4.2 1.5
3 ウインムート 5.5 1.9
2017 1 キングズガード 7.0 1.7
2 カフジテイク 2.8 1.4
3 ブライトライン 13.1 2.6
2016 1 ノボバカラ 3.3 1.3
2 ニシケンモノノフ 5.9 1.5
3 キングズガード 3.6 1.3
2015 1 ベストウォーリア 6.7 2.3
2 コーリンベリー 4.2 1.9
3 キョウワダッフィー 22.1 4.1
2014 1 ベストウォーリア 1.9 1.2
2 キョウワダッフィー 6.1 1.6
3 ガンジス 49.7 7.4
2013 1 アドマイヤロイヤル 5.9 1.7
2 セイクリムズン 7.8 2.4
3 ダノンカモン 5.9 2.1
2012 1 トシキャンディ 119.2 15.4
2 アドマイヤロイヤル 7.5 1.8
3 ファリダット 2.4 1.3
2011 1 シルクフォーチュン 44.8 6.6
2 ダノンカモン 5.6 1.7
3 ケイアイガーベラ 1.8 1.1
  • 時々荒れることもありますが例としては少なく、人気サイドが堅実に馬券内に入ることが多いので極端な穴狙いは避けた方がいいかもしれません。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 サンライズノヴァ 59 530(+1)
2 エアスピネル 56 488(+2)
3 ヤマニンアンプリメ 56 496(+5)
2019 1 アルクトス 56 548(+2)
2 ミッキーワイルド 56 510(+2)
3 ヴェンジェンス 56 490(-2)
2018 1 マテラスカイ 56 508(-8)
2 インカンテーション 57 506(+2)
3 ウインムート 56 502(0)
2017 1 キングズガード 56 458(0)
2 カフジテイク 57 486(–)
3 ブライトライン 56 530(-2)
2016 1 ノボバカラ 57 498(-10)
2 ニシケンモノノフ 56 508(-6)
3 キングズガード 56 448(-2)
2015 1 ベストウォーリア 59 512(+2)
2 コーリンベリー 55 484(+2)
3 キョウワダッフィー 56 466(-4)
2014 1 ベストウォーリア 56 512(-2)
2 キョウワダッフィー 56 470(-2)
3 ガンジス 56 514(0)
2013 1 アドマイヤロイヤル 56 520(-4)
2 セイクリムズン 57 514(0)
3 ダノンカモン 56 524(+2)
2012 1 トシキャンディ 54 516(+4)
2 アドマイヤロイヤル 56 526(-2)
3 ファリダット 56 480(-4)
2011 1 シルクフォーチュン 56 458(-2)
2 ダノンカモン 56 524(-2)
3 ケイアイガーベラ 55 474(+10)
  • 大型馬の好走が目立ちます。500kg台の馬が中心でその前後ぐらいの馬は注視しても良さそうです。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 サンライズノヴァ 14-9
2 エアスピネル 7-6
3 ヤマニンアンプリメ 2-2
2019 1 アルクトス 4-4
2 ミッキーワイルド 7-6
3 ヴェンジェンス 3-3
2018 1 マテラスカイ 1-1
2 インカンテーション 10-11
3 ウインムート 2-2
2017 1 キングズガード 13-12
2 カフジテイク 12-9
3 ブライトライン 10-7
2016 1 ノボバカラ 2-2
2 ニシケンモノノフ 7-7
3 キングズガード 12-11
2015 1 ベストウォーリア 4-4
2 コーリンベリー 1-1
3 キョウワダッフィー 7-7
2014 1 ベストウォーリア 10-9
2 キョウワダッフィー 9-8
3 ガンジス 5-5
2013 1 アドマイヤロイヤル 7-7
2 セイクリムズン 5-6
3 ダノンカモン 7-7
2012 1 トシキャンディ 1-1
2 アドマイヤロイヤル 8-10
3 ファリダット 14-15
2011 1 シルクフォーチュン 16-14
2 ダノンカモン 6-4
3 ケイアイガーベラ 1-1
  • 前のいた馬が一頭は残る印象があります。実力のある先行馬はそのまま残る可能性が高いほか、差しも決まるためゴール前はかなり入り乱れることが多いです。
血統
プロキオンS2021 血統チェッカー
過去の血統データ 年度着順馬名父系統母父系統20201サンライズノヴァサンデーサイレンスMr.prospector2エアスピネルMr.prospectorサンデーサイレンス3ヤマニンア...
タイトルとURLをコピーしました