スポンサーリンク

東京競馬場 全コース分析

スポンサーリンク
コース情報
スポンサーリンク

短距離ではありますが、瞬発力があり上がりの使える馬が優勢です。ポジションとしては先行馬&差し馬が優勢となっています。短距離馬のスピードよりかは中距離が走れる馬が狙い目かもしれません。

【1600m

  • 向正面奥からスタート
  • 先行馬&差し馬優勢
  • 逃げ馬が不利な傾向

向正面奥からスタートするコースです。先行馬&差し馬優勢で瞬発力が重要なコースとなっています。逃げ馬が勝ちきるのは難しく下級戦では残ることもありますが、クラスが上がるにつれて馬券内に残ることすら難しくなっていきます。

【1800m

  • 1から2コーナーのポケットからスタート
  • 先行馬&差し馬有利

1から2コーナーのポケットからスタートするコースです。先行馬&差し馬有利で前で競馬した馬が馬券内に残る可能性が高くなっています。上がり勝負になることが多く実力通りの決着になることが多いです。

【2000m

  • 1コーナーポケット付近からスタート
  • 差し馬有利
  • 内枠有利

1コーナーポケット付近からスタートするコースです。基本的には差し馬有利で逃げ切ることは難しいコースです。上がりの使った馬がそのまま結果に繋がることが多く瞬発力が求められます。枠としては内枠優勢です。

【2300m

  • スタンド前の半ばからスタート
  • 先行馬有利

スタンド前の半ばからスタートするコースです。基本は瞬発力勝負になることが多いですが、長い距離を走るため後方から脚を使える馬は少なく前目のポジションを取ることが求められます。

【2400m

  • 展開はペースによって様々
  • 逃げ馬は苦戦傾向

基本的には中断からの差し馬優勢で瞬発力勝負になることが多いですが、ペースによっては先行勢が有利になったり前が総崩れになるなど展開は様々です。とはいえ逃げ馬は苦戦傾向にあります。

【2500m

  • スタンド前の直線からスタート
  • スタミナと瞬発力が重要

スタンド前の直線からスタートするコースです。スタミナと瞬発力の双方が必要とされており、一筋縄ではいかないコースです。

【3400m

  • ダイヤモンドS専用コース
  • 先行馬&差し馬優勢

ダイヤモンドSのみ開催されているコースです。逃げ馬には厳しい展開になることが多く、先行勢と差し馬が優勢です。

【ダートコース

【1300m

  • 向正面半ばからスタート
  • 先行馬有利

向正面半ばからスタートするコースです。基本的には先行馬が優勢で、スプリンターの素質が求められます。

【1400m

  • 向正面半ば少し先からスタート
  • 逃げ&先行馬有利

向正面半ば少し先からスタートするコースです。上がりがかかるため差し馬があまり絡めず、逃げ&先行馬が優勢です。

【1600m

  • 逃げ&先行馬有利も差し馬警戒
  • 外枠有利

初めは芝を走るためここでのポジション争いが勝敗を決めます。芝が長い分外枠の方がダッシュを決めやすく、ポジション争いには有利に働きます。基本的には逃げ&先行馬有利ですが、差し馬も十分勝負になることが多いです。

【2100m

  • スタンド前の坂の終わり付近からスタート
  • 先行馬有利

スタンド前の坂の終わり付近からスタートするコースです。先行勢が有利で後方からの上がりを使うことが難しくなっています。そのため前目で勝負できないと厳しいコースとなっています。

【2400m

  • スタンド前の直線からスタート
  • 先行馬有利

スタンド前の直線からスタートするコースです。スタミナ勝負になることが多く、前目のポジションから押し切る先行馬が優勢です。

タイトルとURLをコピーしました