スポンサーリンク

関屋記念2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年8月15日(日曜日)
開催 新潟競馬場11R
距離 芝1600m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 17 サトノアーサー 牡6 4 エプソムC6着
2 18 トロワゼトワル 牝5 8 中京記念17着
3 3 アンドラステ 牝4 1 エプソムC4着
2019 1 13 ミッキーグローリー 牡6 1 マイルCS5着
2 14 ミエノサクシード 牝6 6 中京記念4着
3 6 ソーグリッタリング 牡5 4 エプソムC3着
2018 1 12 プリモシーン 牝3 1 NHKマイルC5着
2 10 ワントゥワン 牝5 2 中京記念5着
3 4 エイシンティンクル 牝6 5 豊明S1着
2017 1 3 マルターズアポジー 牡5 7 七夕賞11着
2 15 ウインガニオン 牡5 4 中京記念1着
3 10 ダノンリバティ 牡5 5 中京記念5着
2016 1 17 ヤングマンパワー 牡4 3 多摩川S1着
2 12 ダノンリバティ 牡4 7 中京記念5着
3 7 マジックタイム 牝5 1 ヴィクトリアマイル6着
2015 1 12 レッドアリオン 牡5 2 中京記念8着
2 4 マジェスティハーツ 牡5 6 鳴尾記念2着
3 10 ヤングマンパワー 牡3 9 NHKマイルC6着
2014 1 13 クラレント 牡5 4 中京記念8着
2 7 ダノンシャーク 牡6 1 安田記念4着
3 1 サトノギャラント 牡5 6 中京記念7着
2013 1 1 レッドスパーダ 牡7 4 パラダイスS1着
2 1 ジャスタウェイ 牡4 1 エプソムC2着
3 16 レオアクティブ 牡4 3 バーデンバーデンC3着
2012 1 14 ドナウブルー 牝4 1 安田記念10着
2 3 エーシンリターンズ 牝5 5 中京記念14着
3 9 スピリタス セ7 8 NST賞2着
2011 1 9 レインボーペガサス 牡6 4 飛鳥S1着
2 12 エアラフォン 牡4 2 ストークS1着
3 6 サトノフローラ 牝3 3 カルミア賞1着

【傾向

前走 
  • 中京記念組が飛び抜けて優勢です。近年はエプソムC組の好走も増えてきました。
枠順 
  • 7から8の外枠優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 サトノアーサー 7.5 2.5
2 トロワゼトワル 17.0 4.9
3 アンドラステ 4.1 1.8
2019 1 ミッキーグローリー 3.8 1.7
2 ミエノサクシード 11.7 2.6
3 ソーグリッタリング 7.1 2.4
2018 1 プリモシーン 4/1 1.8
2 ワントゥワン 8.3 2.8
3 エイシンティンクル 6.9 2.3
2017 1 マルターズアポジー 12.1 5.0
2 ウインガニオン 6.6 3.0
3 ダノンリバティ 9.4 2.7
2016 1 ヤングマンパワー 6.1 2.1
2 ダノンリバティ 16.1 3.8
3 マジックタイム 4.0 1.7
2015 1 レッドアリオン 4.7 2.1
2 マジェスティハーツ 11.7 3.6
3 ヤングマンパワー 23.6 6.7
2014 1 クラレント 10.6 3.1
2 ダノンシャーク 3.5 1.6
3 サトノギャラント 12.3 3.0
2013 1 レッドスパーダ 7.8 2.3
2 ジャスタウェイ 2.8 1.4
3 レオアクティブ 6.3 2.0
2012 1 ドナウブルー 2.8 1.5
2 エーシンリターンズ 9.8 3.0
3 スピリタス 15.4 3.7
2011 1 レインボーペガサス 9.4 3.1
2 エアラフォン 3.3 1.7
3 サトノフローラ 8.7 3.5
  • 大きな波乱はないですが、5から7人気の中穴の好走が目立つため注意が必要です。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 サトノアーサー 56 484(+2)
2 トロワゼトワル 54 464(-8)
3 アンドラステ 54 468(+2)
2019 1 ミッキーグローリー 56 554(0)
2 ミエノサクシード 54 474(0)
3 ソーグリッタリング 57 480(-4)
2018 1 プリモシーン 51 488(+10)
2 ワントゥワン 54 450(+2)
3 エイシンティンクル 54 500(-6)
2017 1 マルターズアポジー 57 528(0)
2 ウインガニオン 57 494(0)
3 ダノンリバティ 56 526(0)
2016 1 ヤングマンパワー 56 526(+12)
2 ダノンリバティ 56 522(+2)
3 マジックタイム 54 470(-8)
2015 1 レッドアリオン 57 480(-4)
2 マジェスティハーツ 56 496(-2)
3 ヤングマンパワー 53 540(+18)
2014 1 クラレント 57 494(-4)
2 ダノンシャーク 58 444(0)
3 サトノギャラント 56 498(+4)
2013 1 レッドスパーダ 57 540(+8)
2 ジャスタウェイ 56 506(+10)
3 レオアクティブ 56 450(0)
2012 1 ドナウブルー 54 438(+2)
2 エーシンリターンズ 54 466(-8)
3 スピリタス 56 446(-4)
2011 1 レインボーペガサス 56 506(-2)
2 エアラフォン 56 482(+12)
3 サトノフローラ 51 422(+6)
  • 斤量の低い三歳馬に注意が必要です。
  • 500kgを超える大型馬の好走が目立ちますが、大きな違いはなさそうです。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 サトノアーサー 17-17
2 トロワゼトワル 1-1
3 アンドラステ 8-8
2019 1 ミッキーグローリー 14-15
2 ミエノサクシード 5-6
3 ソーグリッタリング 3-3
2018 1 プリモシーン 9-8
2 ワントゥワン 15-15
3 エイシンティンクル 1-1
2017 1 マルターズアポジー 1-1
2 ウインガニオン 2-2
3 ダノンリバティ 4-4
2016 1 ヤングマンパワー 6-6
2 ダノンリバティ 3-3
3 マジックタイム 14-14
2015 1 レッドアリオン 1-1
2 マジェスティハーツ 8-10
3 ヤングマンパワー 3-3
2014 1 クラレント 6-5
2 ダノンシャーク 3-3
3 サトノギャラント 15-14
2013 1 レッドスパーダ 2-2
2 ジャスタウェイ 16-15
3 レオアクティブ 10-9
2012 1 ドナウブルー 2-2
2 エーシンリターンズ 3-3
3 スピリタス 8-6
2011 1 レインボーペガサス 3-3
2 エアラフォン 10-11
3 サトノフローラ 8-8
  • 逃げ馬含む先行馬も多く残っていますが、基本は中団や後方からの差しが決まる展開が多くなっています。
血統
関屋記念2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201サトノアーサーサンデーサイレンスダンチヒ2トロワゼトワルMr.prospectorサンデーサイレンス3アンドラステサンデーサイレ...
タイトルとURLをコピーしました