スポンサーリンク

菊花賞2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年10月24日(日曜日)
開催 阪神競馬場11R
距離 芝3000m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 3 コントレイル 牡3 1 神戸新聞杯1着
2 9 アリストテレス 牡3 4 小牧特別1着
3 10 サトノフラッグ 牡3 5 セントライト記念2着
2019 1 5 ワールドプレミア 牡3 3 神戸新聞杯3着
2 14 サトノルークス 牡3 8 セントライト記念2着
3 13 ヴェロックス 牡3 1 神戸新聞杯2着
2018 1 12 フィエールマン 牡3 7 ラジオNIKKEI賞2着
2 9 エタリオウ 牡3 2 神戸新聞杯2着
3 7 ユーキャンスマイル 牡3 10 阿賀野川特別1着
2017 1 13 キセキ 牡3 1 神戸新聞杯2着
2 4 クリンチャー 牡3 10 セントライト記念9着
3 14 ポポカテペトル 牡3 13 阿賀野川特別1着
2016 1 3 サトノダイヤモンド 牡3 1 神戸新聞杯1着
2 11 レインボーライン 牡3 9 札幌記念3着
3 13 エアスピネル 牡3 6 神戸新聞杯5着
2015 1 4 キタサンブラック 牡3 5 セントライト記念1着
2 11 リアルスティール 牡3 2 神戸新聞杯2着
3 17 リアファル 牡3 1 神戸新聞杯1着
2014 1 2 トーホウジャッカル 牡3 3 神戸新聞杯3着
2 4 サウンズオブアース 牡3 4 神戸新聞杯2着
3 10 ゴールドアクター 牡3 7 支笏湖特別1着
2013 1 3 エピファネイア 牡3 1 神戸新聞杯1着
2 14 サトノノブレス 牡3 5 神戸新聞杯3着
3 10 バンデ 牡3 3 兵庫特別1着
2012 1 1 ゴールドシップ 牡3 1 神戸新聞杯1着
2 16 スカイディグニティ 牡3 5 セントライト記念2着
3 15 ユウキソルジャー 牡3 7 神戸新聞杯4着
2011 1 14 オルフェーヴル 牡3 1 神戸新聞杯1着
2 13 ウインバリアシオン 牡3 2 神戸新聞杯2着
3 1 トーセンラー 牡3 3 セントライト記念2着

【傾向

前走 
  • 神戸新聞杯、セントライト記念組が優勢です。
  • 過去には阿賀野川特別1着馬が穴を開けたこともあり出走してきた場合は注意が必要です。
枠順 
  • 2枠、7枠優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 コントレイル 1.1 1.1
2 サトノフラッグ 23.0 3.5
3 サトノフラッグ 34.9 3.6
2019 1 ワールドプレミア 6.5 1.8
2 サトノルークス 24.7 3.9
3 ヴェロックス 2.2 1.2
2018 1 フィエールマン 14.5 4.5
2 エタリオウ 3.6 1.6
3 ユーキャンスマイル 31.7 6.0
2017 1 キセキ 4.5 2.1
2 クリンチャー 30.9 7.7
3 ポポカテペトル 44.2 11.1
2016 1 サトノダイヤモンド 2.3 1.3
2 レインボーライン 24.9 5.0
3 エアスピネル 20.5 4.3
2015 1 キタサンブラック 13.4 3.7
2 リアルスティール 4.3 1.7
3 リアファル 3.1 1.6
2014 1 トーホウジャッカル 6.9 2.8
2 サウンズオブアース 8.6 2.7
3 ゴールドアクター 19.6 5.2
2013 1 エピファネイア 1.6 1.1
2 サトノノブレス 19.5 2.9
3 バンデ 11.5 3.1
2012 1 ゴールドシップ 1.4 1.1
2 スカイディグニティ 22.3 3.6
3 ユウキソルジャー 24.6 3.9
2011 1 オルフェーヴル 1.4 1.1
2 ウインバリアシオン 7.8 1.4
3 トーセンラー 12.2 2.3
  • 逃。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 コントレイル 57 458(-2)
2 アリストテレス 57 474(+8)
3 サトノフラッグ 57 490(+4)
2019 1 ワールドプレミア 57 484(+12)
2 サトノルークス 57 470(+8)
3 ヴェロックス 57 490(0)
2018 1 フィエールマン 57 480(+4)
2 エタリオウ 57 472(+4)
3 ユーキャンスマイル 57 488(-2)
2017 1 キセキ 57 488(+2)
2 クリンチャー 57 482(-8)
3 ポポカテペトル 57 478(-4)
2016 1 サトノダイヤモンド 57 498(-2)
2 レインボーライン 57 444(+2)
3 エアスピネル 57 478(+2)
2015 1 キタサンブラック 57 530(-2)
2 リアルスティール 57 500(-4)
3 リアファル 57 506(0)
2014 1 トーホウジャッカル 57 484(0)
2 サウンズオブアース 57 496(+8)
3 ゴールドアクター 57 476(-2)
2013 1 エピファネイア 57 486(+6)
2 サトノノブレス 57 494(+6)
3 バンデ 57 490(+2)
2012 1 ゴールドシップ 57 500(+2)
2 スカイディグニティ 57 486(+2)
3 ユウキソルジャー 57 436(0)
2011 1 オルフェーヴル 57 466(+6)
2 ウインバリアシオン 57 516(+2)
3 トーセンラー 57 436(+8)
  • 470kg以上の馬が優勢です。470kg未満の馬で馬券内に入ったのは2016年のレインボーラインまで遡ります。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 コントレイル 7-7-5-4
2 サトノフラッグ 7-7-7-4
3 サトノフラッグ 14-15-15-14
2019 1 ワールドプレミア 7-6-8-6
2 サトノルークス 10-11-12-7
3 ヴェロックス 4-4-4-4
2018 1 フィエールマン 7-7-5-6
2 エタリオウ 10-9-8-6
3 ユーキャンスマイル 9-9-10-10
2017 1 キセキ 14-14-12-7
2 クリンチャー 11-11-7-2
3 ポポカテペトル 9-7-7-3
2016 1 サトノダイヤモンド 8-8-9-5
2 レインボーライン 14-14-16-12
3 エアスピネル 3-3-5-5
2015 1 キタサンブラック 5-5-10-8
2 リアルスティール 7-8-7-7
3 リアファル 2-2-4-3
2014 1 トーホウジャッカル 5-5-5-2
2 サウンズオブアース 10-10-8-4
3 ゴールドアクター 5-5-7-6
2013 1 エピファネイア 3-3-2-2
2 サトノノブレス 7-7-6-4
3 バンデ 1-1-1-1
2012 1 ゴールドシップ 17-17-4-2
2 スカイディグニティ 12-12-7-4
3 ユウキソルジャー 12-12-12-10
2011 1 オルフェーヴル 10-10-6-3
2 ウインバリアシオン 18-18-16-14
3 トーセンラー 11-12-8-6
  • 中団または後方からの差し馬が優勢です。道中じわじわとポジションを上げていき最後の直線で先頭やや後ろぐらいまで上げることができれば理想的な勝ち方と言えそうです。
  • 逃げ馬は2013年のバンデのみ馬券内に残っており苦戦傾向と言えそうです。
血統
菊花賞2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201コントレイルサンデーサイレンスMr.prospector2アリストテレスロベルトサンデーサイレンス3サトノフラッグサンデーサイレ...
タイトルとURLをコピーしました