スポンサーリンク

天皇賞(秋)2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年10月31日(日曜日)
開催 東京競馬場11R
距離 芝2000m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 9 アーモンドアイ 牝5 1 安田記念2着
2 6 フィエールマン 牡5 5 天皇賞春1着
3 7 クロノジェネシス 牡4 2 宝塚記念1着
2019 1 2 アーモンドアイ 牝4 1 安田記念3着
2 9 ダノンプレミアム 牡4 3 安田記念16着
3 5 アエロリット 牝5 6 毎日王冠2着
2018 1 4 レイデオロ 牡4 2 オールカマー1着
2 9 サングレーザー 牡4 4 札幌記念1着
3 10 キセキ 牡4 6 毎日王冠3着
2017 1 7 キタサンブラック 牡5 1 宝塚記念9着
2 2 サトノクラウン 牡5 2 宝塚記念1着
3 8 レインボーライン 牡4 13 宝塚記念5着
2016 1 8 モーリス 牡5 1 札幌記念2着
2 12 リアルスティール 牡4 7 安田記念11着
3 14 ステファノス 牡5 6 毎日王冠5着
2015 1 8 ラブリーデイ 牡5 1 京都大賞典1着
2 12 ステファノス 牡4 10 毎日王冠7着
3 14 イスラボニータ 牡4 6 毎日王冠3着
2014 1 8 スピルバーグ 牡5 5 毎日王冠3着
2 14 ジェンティルドンナ 牝5 2 宝塚記念9着
3 16 イスラボニータ 牡3 1 セントライト記念1着
2013 1 4 ジャスタウェイ 牡4 5 毎日王冠2着
2 1 ジェンティルドンナ 牝4 1 宝塚記念3着
3 15 エイシンフラッシュ 牡6 3 毎日王冠1着
2012 1 7 エイシンフラッシュ 牡5 5 毎日王冠9着
2 9 フェノーメノ 牡3 1 セントライト記念1着
3 6 ルーラーシップ 牡5 2 宝塚記念2着
2011 1 12 トーセンジョーダン 牡5 7 札幌記念1着
2 4 ダークシャドウ 牡4 2 毎日王冠1着
3 6 ペルーサ 牡4 6 天皇賞春8着

【傾向

前走 
  • 毎日王冠、宝塚記念、安田記念組が優勢傾向です。
枠順 
  • 馬番8、9の馬、7枠あたりが優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 アーモンドアイ 1.4 1.1
2 フィエールマン 17.4 2.6
3 クロノジェネシス 4.4 1.4
2019 1 アーモンドアイ 1.6 1.1
2 ダノンプレミアム 9.5 2.6
3 アエロリット 20.0 2.7
2018 1 レイデオロ 3.1 1.5
2 サングレーザー 9.6 3.1
3 キセキ 12.8 3.0
2017 1 キタサンブラック 3.1 1.6
2 サトノクラウン 4.0 1.7
3 レインボーライン 59.6 6.0
2016 1 モーリス 3.6 1.5
2 リアルスティール 13.0 3.5
3 ステファノス 11.2 2.4
2015 1 ラブリーデイ 3.4 1.6
2 ステファノス 34.3 5.9
3 イスラボニータ 11.7 3.0
2014 1 スピルバーグ 11.0 2.6
2 ジェンティルドンナ 4.7 1.8
3 イスラボニータ 2.8 1.3
2013 1 ジャスタウェイ 15.5 2.4
2 ジェンティルドンナ 2.0 1.1
3 エイシンフラッシュ 4.7 1.5
2012 1 エイシンフラッシュ 16.6 3.7
2 フェノーメノ 3.4 1.4
3 ルーラーシップ 4.5 1.9
2011 1 トーセンジョーダン 33.3 8.5
2 ダークシャドウ 5.7 2.6
3 ペルーサ 8.2 3.5
  • 1番人気馬が80%の馬券内率と軸としては信頼できそうです。
  • 6番人気馬が50%の馬券内率とやや高めで、過去には二桁人気馬の構想もあったことから少し注意が必要です。ちなみに6番人気馬で馬券内に入った5頭のうち4頭は毎日王冠組でした。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 アーモンドアイ 56 490(+2)
2 フィエールマン 58 478(-12)
3 クロノジェネシス 56 464(0)
2019 1 アーモンドアイ 56 480(-4)
2 ダノンプレミアム 58 508(+4)
3 アエロリット 56 516(0)
2018 1 レイデオロ 58 482(-2)
2 サングレーザー 58 476(-12)
3 キセキ 58 496(-8)
2017 1 キタサンブラック 58 542(0)
2 サトノクラウン 58 498(+10)
3 レインボーライン 58 452(+8)
2016 1 モーリス 58 514(+4)
2 リアルスティール 58 502(+4)
3 ステファノス 58 486(0)
2015 1 ラブリーデイ 58 486(-4)
2 ステファノス 58 474(-2)
3 イスラボニータ 58 476(-4)
2014 1 スピルバーグ 58 506(-2)
2 ジェンティルドンナ 56 470(+2)
3 イスラボニータ 58 474(0)
2013 1 ジャスタウェイ 58 496(-2)
2 ジェンティルドンナ 56 470(0)
3 エイシンフラッシュ 58 488(+4)
2012 1 エイシンフラッシュ 58 486(-8)
2 フェノーメノ 56 496(-2)
3 ルーラーシップ 58 514(+18)
2011 1 トーセンジョーダン 58 478(-8)
2 ダークシャドウ 58 508(+2)
3 ペルーサ 58 520(+14)
  • 馬体重に大きな傾向はありません。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 アーモンドアイ 3-3-4
2 フィエールマン 10-9-10
3 クロノジェネシス 8-9-9
2019 1 アーモンドアイ 5-6-5
2 ダノンプレミアム 5-5-3
3 アエロリット 1-1-1
2018 1 レイデオロ 6-5-5
2 サングレーザー 7-7-7
3 キセキ 1-1-1
2017 1 キタサンブラック 11-5-2
2 サトノクラウン 7-2-2
3 レインボーライン 10-12-5
2016 1 モーリス 5-5-4
2 リアルスティール 8-10-10
3 ステファノス 13-14-14
2015 1 ラブリーデイ 4-4-4
2 ステファノス 8-8-12
3 イスラボニータ 12-11-10
2014 1 スピルバーグ 13-14-12
2 ジェンティルドンナ 3-3-3
3 イスラボニータ 3-3-3
2013 1 ジャスタウェイ 11-10-9
2 ジェンティルドンナ 2-2-2
3 エイシンフラッシュ 8-9-10
2012 1 エイシンフラッシュ 11-12-12
2 フェノーメノ 4-4-4
3 ルーラーシップ 16-15-15
2011 1 トーセンジョーダン 11-10-11
2 ダークシャドウ 7-8-7
3 ペルーサ 13-13-13
  • 中団からの差し馬が優勢です。後方からの差しも効きやすくなってきてはいますが逃げ馬も多少絡んでおりほぼ展開次第といったところです。
血統
天皇賞(秋)2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201アーモンドアイMr.prospectorサンデーサイレンス2フィエールマンサンデーサイレンスニジンスキー3クロノジェネシスRed...
タイトルとURLをコピーしました