スポンサーリンク

武蔵野S2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年11月13日(土曜日)
開催 東京競馬場11R
距離 ダート1600m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 6 サンライズノヴァ 牡6 3 南部杯4着
2 12 ソリストサンダー 牡5 11 福島民友C3着
3 7 エアスピネル 牡7 8 エルムS7着
2019 1 7 ワンダーリーデル 牡6 9 グリーンチャンネルC3着
2 9 タイムフライヤー 牡4 8 シリウスS6着
3 15 ダノンフェイス 牡6 13 エニフS4着
2018 1 4 サンライズノヴァ 牡4 1 グリーンチャンネルC1着
2 3 クインズサターン 牡5 7 シリウスS9着
3 10 ナムラミラクル 牡5 2 グリーンチャンネルC2着
2017 1 13 インカンテーション 牡7 6 白山大賞典1着
2 9 サンライズソア 牡3 8 ブラジルC3着
3 7 アキトクレッセント 牡5 15 グリーンチャンネルC4着
2016 1 11 タガノトネール セ6 8 サマーチャンピオン3着
2 8 ゴールドドリーム 牡3 2 ジャパンダートダービー3着
3 3 カフジテイク 牡4 6 グリーンチャンネルC1着
2015 1 10 ノンコノユメ 牡3 2 ジャパンダートダービー1着
2 13 タガノトネール セ5 5 南部杯2着
3 5 モーニン 牡3 1 秋嶺S1着
2014 1 11 ワイドバッハ 牡5 7 エルコンドルパサーM1着
2 1 エアハリファ 牡5 1 アハルテケS1着
3 3 グレープブランデー 牡6 11 日本テレビ盃5着
2013 1 6 ペルシャザール 牡5 1 ブラジルC1着
2 3 アドマイヤロイヤル 牡6 3 南部杯5着
3 13 ベストウォーリア 牡3 7 ジャパンダートダービー5着
2012 1 4 イジゲン 牡3 1 秋嶺S1着
2 14 ガンジス 牡3 4 ペルセウスS1着
3 11 ダノンカモン 牡6 6 中京記念15着
2011 1 16 ナムラタイタン 牡5 4 ペルセウスS4着
2 12 ダノンカモン 牡5 1 南部杯2着
3 2 アドマイヤロイヤル 牡4 3 東京ゴールデンP1着

【傾向

前走 
  • グリーンチャンネルC組が近年多く馬券内に入っています。
枠順 
  • 4枠、6枠が若干優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 サンライズノヴァ 5.1 1.9
2 ソリストサンダー 54.9 7.7
3 エアスピネル 18.0 4.7
2019 1 ワンダーリーデル 25.2 6.9
2 タイムフライヤー 17.8 5.8
3 ダノンフェイス 116.5 21.1
2018 1 サンライズノヴァ 2.9 1.3
2 クインズサターン 34.0 4.7
3 ナムラミラクル 3.9 1.5
2017 1 インカンテーション 13.9 4.6
2 サンライズソア 18.9 5.5
3 アキトクレッセント 148.6 26.0
2016 1 タガノトネール 36.6 5.9
2 ゴールドドリーム 3.4 1.6
3 カフジテイク 13.7 3.9
2015 1 ノンコノユメ 3.9 1.4
2 タガノトネール 20.4 2.5
3 モーニン 1.7 1.1
2014 1 ワイドバッハ 9.7 3.0
2 エアハリファ 3.6 1.7
3 グレープブランデー 43.9 10.2
2013 1 ペルシャザール 3.5 1.6
2 アドマイヤロイヤル 6.2 1.8
3 ベストウォーリア 14.3 3.8
2012 1 イジゲン 3.1 1.5
2 ガンジス 8.5 2.4
3 ダノンカモン 11.8 2.7
2011 1 ナムラタイタン 13.3 2.6
2 ダノンカモン 1.7 1.1
3 アドマイヤロイヤル 8.0 2.0
  • 大荒れが見込めるレースで1番人気馬はここ5年に限っては1度のみの馬券内、2番人気・3番人気馬は30%ずつの馬券内率と低調です。
  • 8番人気馬がここ5年で4度の馬券内と近年好調で注意したいところです。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 サンライズノヴァ 58 530(+1)
2 ソリストサンダー 56 480(0)
3 エアスピネル 56 494(+6)
2019 1 ワンダーリーデル 56 528(-2)
2 タイムフライヤー 56 464(0)
3 ダノンフェイス 56 528(+2)
2018 1 サンライズノヴァ 56 534(0)
2 クインズサターン 56 474(-4)
3 ナムラミラクル 56 480(0)
2017 1 インカンテーション 57 502(-8)
2 サンライズソア 55 500(-6)
3 アキトクレッセント 56 502(-4)
2016 1 タガノトネール 56 498(+6)
2 ゴールドドリーム 56 514(-4)
3 カフジテイク 56 484(0)
2015 1 ノンコノユメ 58 452(+4)
2 タガノトネール 57 498(+3)
3 モーニン 55 516(-4)
2014 1 ワイドバッハ 56 478(+2)
2 エアハリファ 56 480(+2)
3 グレープブランデー 58 524(+3)
2013 1 ペルシャザール 56 536(+2)
2 アドマイヤロイヤル 57 520(+4)
3 ベストウォーリア 56 508(+2)
2012 1 イジゲン 55 482(+4)
2 ガンジス 55 502(-4)
3 ダノンカモン 56 526(+4)
2011 1 ナムラタイタン 56 520(-2)
2 ダノンカモン 56 526(0)
3 アドマイヤロイヤル 56 518(0)
  • 勝ち馬は近年500kg以上の馬から出ることが多くなっています。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 サンライズノヴァ 13-12
2 ソリストサンダー 10-10
3 エアスピネル 7-6
2019 1 ワンダーリーデル 11-9
2 タイムフライヤー 10-8
3 ダノンフェイス 14-12
2018 1 サンライズノヴァ 14-12
2 クインズサターン 13-14
3 ナムラミラクル 2-2
2017 1 インカンテーション 2-2
2 サンライズソア 2-3
3 アキトクレッセント 4-3
2016 1 タガノトネール 1-1
2 ゴールドドリーム 9-8
3 カフジテイク 16-16
2015 1 ノンコノユメ 10-11
2 タガノトネール 2-2
3 モーニン 4-3
2014 1 ワイドバッハ 15-16
2 エアハリファ 4-3
3 グレープブランデー 4-3
2013 1 ペルシャザール 5-5
2 アドマイヤロイヤル 8-7
3 ベストウォーリア 7-7
2012 1 イジゲン 11-8
2 ガンジス 8-8
3 ダノンカモン 8-11
2011 1 ナムラタイタン 6-5
2 ダノンカモン 3-3
3 アドマイヤロイヤル 10-7
  • 近年後方からの差し馬が多く馬券内に入っています。後方で脚を溜められる馬を見極めたいところです。
  • 逃げは2016年のタガノトネールのみ、ただし2番手、3番手を追走できる馬は残ることも多く注意が必要です。
血統
武蔵野S2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201サンライズノヴァサンデーサイレンスMr.prospector2ソリストサンダーダンチヒサンデーサイレンス3エアスピネルMr.pr...
タイトルとURLをコピーしました