スポンサーリンク

マイルCS2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年11月21日(日曜日)
開催 阪神競馬場11R
距離 芝1600m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 4 グランアレグリア 牝4 1 スプリンターズS1着
2 8 インディチャンプ 牡5 3 安田記念3着
3 7 アドマイヤマーズ 牡4 5 スワンS3着
2019 1 5 インディチャンプ 牡4 3 毎日王冠3着
2 14 ダノンプレミアム 牡4 1 天皇賞秋2着
3 7 ペルシアンナイト 牡5 6 毎日王冠4着
2018 1 1 ステルヴィオ 牡3 5 毎日王冠2着
2 2 ペルシアンナイト 牡4 3 富士S5着
3 3 アルアイン 牡4 4 天皇賞秋4着
2017 1 18 ペルシアンナイト 牡3 4 富士S5着
2 11 エアスピネル 牡4 2 富士S1着
3 4 サングレーザー 牡3 7 スワンS1着
2016 1 16 ミッキーアイル 牡5 3 スプリンターズS2着
2 8 イスラボニータ 牡5 2 富士S2着
3 15 ネオリアリズム 牡5 7 札幌記念1着
2015 1 16 モーリス 牡4 4 安田記念1着
2 10 フィエロ 牡6 2 スワンS2着
3 5 イスラボニータ 牡4 1 天皇賞秋3着
2014 1 12 ダノンシャーク 牡6 8 富士S7着
2 8 フィエロ 牡5 3 スワンS3着
3 3 グランデッツァ 牡5 9 毎日王冠5着
2013 1 5 トーセンラー 牡5 2 京都大賞典3着
2 4 ダイワマッジョーレ 牡4 3 スワンS2着
3 13 ダノンシャーク 牡5 1 富士S1着
2012 1 1 サダムパテック 牡4 4 天皇賞秋8着
2 7 グランプリボス 牡4 1 スワンS1着
3 17 ドナウブルー 牝4 5 府中牝馬S3着
2011 1 5 エイシンアポロン 牡4 5 富士S1着
2 1 フィフスペトル 牡5 11 スプリンターズS6着
3 13 サプレザ 牝6 4 Sun Chariot S1着

【傾向

前走 
  • 富士S、スワンS、天皇賞秋組の抗争が目立ちます。スワンS組に限っては3着以内の馬が優勢となっています。
枠順 
  • 大きな傾向はありません。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 グランアレグリア 1.6 1.1
2 インディチャンプ 8.8 1.9
3 アドマイヤマーズ 11.1 2.0
2019 1 インディチャンプ 6.4 1.9
2 ダノンプレミアム 2.4 1.3
3 ペルシアンナイト 17.6 2.9
2018 1 ステルヴィオ 8.7 3.1
2 ペルシアンナイト 6.5 2.3
3 アルアイン 6.6 2.4
2017 1 ペルシアンナイト 8.8 2.9
2 エアスピネル 4.2 1.8
3 サングレーザー 15.0 4.3
2016 1 ミッキーアイル 5.9 2.3
2 イスラボニータ 4.8 1.8
3  ネオリアリズム 14.0 4.4
2015 1 モーリス 5.7 2.1
2 フィエロ 5.1 1.5
3 イスラボニータ 3.2 1.3
2014 1 ダノンシャーク 18.1 3.9
2 フィエロ 5.6 2.0
3 グランデッツァ 18.6 6.0
2013 1 トーセンラー 4.7 1.8
2 ダイワマッジョーレ 7.5 2.1
3 ダノンシャーク 3.8 1.4
2012 1 サダムパテック 10.5 3.7
2 グランプリボス 4.0 1.8
3 ドナウブルー 11.1 3.3
2011 1 エイシンアポロン 9.8 3.1
2 フィフスペトル 32.6 8.8
3 サプレザ 8.4 2.7
  • 1番人気馬は50%の馬券ない率と少し寂しい数字です。3番人気馬は60%と若干優勢です。
  • 4・5番人気あたりの馬の好走が目立ち注意が必要です。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 グランアレグリア 55 502(-2)
2 インディチャンプ 57 472(-8)
3 アドマイヤマーズ 57 484(+2)
2019 1 インディチャンプ 57 472(-4)
2 ダノンプレミアム 57 506(-2)
3 ペルシアンナイト 57 498(+6)
2018 1 ステルヴィオ 56 478(+10)
2 ペルシアンナイト 57 492(+8)
3 アルアイン 57 520(+8)
2017 1 ペルシアンナイト 56 488(+12)
2 エアスピネル 57 480(+4)
3 サングレーザー 56 482(+6)
2016 1 ミッキーアイル 57 484(-2)
2 イスラボニータ 57 480(-2)
3  ネオリアリズム 57 502(+6)
2015 1 モーリス 57 508(-2)
2 フィエロ 57 506(0)
3 イスラボニータ 57 480(+4)
2014 1 ダノンシャーク 57 444(+2)
2 フィエロ 57 508(-2)
3 グランデッツァ 57 498(0)
2013 1 トーセンラー 57 460(+4)
2 ダイワマッジョーレ 57 440(0)
3 ダノンシャーク 57 444(+8)
2012 1 サダムパテック 57 506(-2)
2 グランプリボス 57 520(-2)
3 ドナウブルー 55 434(+2)
2011 1 エイシンアポロン 57 506(+6)
2 フィフスペトル 57 454(-4)
3 サプレザ 55 452(—)
  • 牝馬が苦戦傾向にあります。
  • 近年470kg以上の馬体重の馬が優勢となっています。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 グランアレグリア 5-5
2 インディチャンプ 7-5
3 アドマイヤマーズ 3-2
2019 1 インディチャンプ 4-5
2 ダノンプレミアム 4-2
3 ペルシアンナイト 10-12
2018 1 ステルヴィオ 4-5
2 ペルシアンナイト 7-7
3 アルアイン 2-2
2017 1 ペルシアンナイト 15-13
2 エアスピネル 7-6
3 サングレーザー 10-9
2016 1 ミッキーアイル 1-1
2 イスラボニータ 6-5
3  ネオリアリズム 2-2
2015 1 モーリス 9-8
2 フィエロ 8-8
3 イスラボニータ 12-13
2014 1 ダノンシャーク 11-10
2 フィエロ 7-6
3 グランデッツァ 3-3
2013 1 トーセンラー 15-14
2 ダイワマッジョーレ 3-4
3 ダノンシャーク 8-6
2012 1 サダムパテック 6-7
2 グランプリボス 8-8
3 ドナウブルー 8-8
2011 1 エイシンアポロン 5-4
2 フィフスペトル 3-2
3 サプレザ 12-13
  • 逃げ馬は2016年のミッキーアイルのみの馬券内で苦戦傾向にあります。
  • 中団や前目を追走した馬が優勢で、ある程度前目を位置取ることができる馬を軸に据えたいところです。
血統
マイルCS2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201グランアレグリアサンデーサイレンスボールドルーラー2インディチャンプサンデーサイレンスMr.prospector3アドマイヤマーズ...
タイトルとURLをコピーしました