スポンサーリンク

中日新聞杯2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年12月11日(土曜日)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m

過去10年の結果

※2012年から2016年まで3月実施
 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 2 ボッケリーニ 牡4 2 カシオペアS2着
2 14 シゲルピンクダイヤ 牝4 9 府中牝馬S7着
3 9 ヴェロックス 牡4 1 小倉大賞典9着
2019 1 4 サトノガーネット 牝4 8 エリザベス女王杯9着
2 9 ラストドラフト 牡3 3 オクトーバーS8着
3 7 アイスストーム 牡4 2 アンドロメダS5着
2018 1 7 ギベオン 牡3 1 セントライト記念13着
2 10 ショウナンバッハ 牡7 12 アンドロメダS11着
3 12 ストロングタイタン 牡5 7 小倉記念12着
2017 1 13 メートルダール 牡4 2 関屋記念12着
2 10 ミッキーロケット 牡4 1 天皇賞秋12着
3 12 ロードヴァンドール 牡4 5 天皇賞秋14着
2016 1 5 サトノノブレス 牡6 1 日経新春杯3着
2 15 ファントムライト 牡7 9 白富士S2着
3 13 レコンダイト 牡6 13 アルゼンチン共和国杯10着
2015 1 1 ディサイファ 牡6 5 AJCC5着
2 10 デウスウルト セ7 2 中山金杯3着
3 4 マイネルミラノ 牡5 6 小倉大賞典5着
2014 1 17 マーティンポロ 牡5 10 飛鳥S1着
2 6 ラキシス 牝4 3 京都記念4着
3 13 ラブリーデイ 牡4 4 有馬記念12着
2013 1 13 サトノアポロ 牡5 5 AJCC4着
2 7 アドマイヤタイシ 牡6 1 中山金杯2着
3 2 トウカイパラダイス 牡6 3 日経新春杯3着
2012 1 11 スマートギア 牡7 6 小倉大賞典2着
2 3 ダンツホウテイ 牡7 9 小倉大賞典4着
3 17 ダノンバラード 牡4 1 日経新春杯2着
2011 1 12 コスモファントム 牡4 11 小倉記念14着
2 7 ゲシュタルト 牡4 4 福島記念4着
3 13 ダノンバラード 牡3 2 アンドロメダS3着

【傾向

前走 
  • アンドロメダS組の好走が若干目立ちます。他は概ね傾向らしい傾向はありません。
枠順 
  • 5枠の好走が目立ちます。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 ボッケリーニ 4.3 1.9
2 シゲルピンクダイヤ 25.3 4.4
3 ヴェロックス 3.7 1.7
2019 1 サトノガーネット 14.0 3.8
2 ラストドラフト 6.8 2.8
3 アイスストーム 5.9 2.1
2018 1 ギベオン 3.7 1.9
2 ショウナンバッハ 75.3 10.3
3 ストロングタイタン 16.6 5.4
2017 1 メートルダール 5.4 1.9
2 ミッキーロケット 4.0 1.7
3 ロードヴァンドール 8.2 2.7
2016 1 サトノノブレス 5.6 2.0
2 ファントムライト 14.8 3.2
3 レコンダイト 46.0 11.1
2015 1 ディサイファ 8.0 2.5
2 デウスウルト 4.8 1.8
3 マイネルミラノ 13.3 4.4
2014 1 マーティンポロ 30.7 8.3
2 ラキシス 4.1 1.8
3 ラブリーデイ 11.8 3.7
2013 1 サトノアポロ 8.9 2.3
2 アドマイヤタイシ 4.0 1.4
3 トウカイパラダイス 6.4 2.0
2012 1 スマートギア 13.7 3.7
2 ダンツホウテイ 14.2 3.6
3 ダノンバラード 2.9 1.5
2011 1 コスモファントム 55.1 9.8
2 ゲシュタルト 9.9 2.9
3 ダノンバラード 3.3 1.6
  • 1番人気馬の馬券内率は60%とまずまずな傾向ですが過去10年で2勝と勝ちに関しては苦戦傾向です。
  • 近年波乱傾向のレースが続いており7番人気以降の馬に特に注意が必要です。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 ボッケリーニ 55 468(0)
2 シゲルピンクダイヤ 54 478(+4)
3 ヴェロックス 57 498(+8)
2019 1 サトノガーネット 53 440(-2)
2 ラストドラフト 55 458(0)
3 アイスストーム 54 530(-2)
2018 1 ギベオン 56 508(+4)
2 ショウナンバッハ 54 454(+6)
3 ストロングタイタン 57 552(+36)
2017 1 メートルダール 55 480(+4)
2 ミッキーロケット 57.5 482(+6)
3 ロードヴァンドール 56 504(+6)
2016 1 サトノノブレス 58 516(0)
2 ファントムライト 55 494(-2)
3 レコンダイト 55 468(+12)
2015 1 ディサイファ 57 488(-10)
2 デウスウルト 55 478(+10)
3 マイネルミラノ 55 470(-4)
2014 1 マーティンポロ 54 446(-2)
2 ラキシス 54 460(-6)
3 ラブリーデイ 56 482(+6)
2013 1 サトノアポロ 55 502(0)
2 アドマイヤタイシ 55 470(+4)
3 トウカイパラダイス 56 506(0)
2012 1 スマートギア 56 466(-4)
2 ダンツホウテイ 56 474(-8)
3 ダノンバラード 57 478(0)
2011 1 コスモファントム 57 512(+2)
2 ゲシュタルト 57 512(-2)
3 ダノンバラード 56 480(+2)
  • 近年54kg以下の斤量の馬が馬券内に入るようになって来ており注意が必要です。
  • 馬体重での大きな傾向はありません。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 ボッケリーニ 6-6-8-7
2 シゲルピンクダイヤ 5-4-3-3
3 ヴェロックス 6-6-5-6
2019 1 サトノガーネット 14-14-13-14
2 ラストドラフト 6-6-8-8
3 アイスストーム 12-12-10-11
2018 1 ギベオン 8-8-8-7
2 ショウナンバッハ 10-11-11-9
3 ストロングタイタン 6-6-6-5
2017 1 メートルダール 11-11-10-8
2 ミッキーロケット 6-6-6-6
3 ロードヴァンドール 1-1-1-1
2016 1 サトノノブレス 4-5-6-6
2 ファントムライト 2-3-3-3
3 レコンダイト 9-9-8-8
2015 1 ディサイファ 7-7-10-7
2 デウスウルト 5-6-6-4
3 マイネルミラノ 1-1-1-1
2014 1 マーティンポロ 11-10-8-10
2 ラキシス 6-5-4-4
3 ラブリーデイ 6-8-8-7
2013 1 サトノアポロ 10-12-9-8
2 アドマイヤタイシ 4-4-4-3
3 トウカイパラダイス 3-3-2-2
2012 1 スマートギア 6-7-7-7
2 ダンツホウテイ 9-8-8-8
3 ダノンバラード 8-8-9-10
2011 1 コスモファントム 5-5-5-4
2 ゲシュタルト 11-11-8-4
3 ダノンバラード 7-8-5-2
  • 逃げ馬で馬券内に残った馬は二頭のみであまり多くはありません。
  • 基本的には中団からの差し馬や後方からの差し馬が中心で先行勢は残って一頭といったところです。
血統
中日新聞杯2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201ボッケリーニMr.prospectorサンデーサイレンス2シゲルピンクダイヤサンデーサイレンスサドラーズウェルズ3ヴェロックスサ...
タイトルとURLをコピーしました