スポンサーリンク

有馬記念2021 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2021年12月26日(日曜日)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2500m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2020 1 9 クロノジェネシス 牝4 1 天皇賞秋3着
2 14 サラキア 牝5 11 エリザベス女王杯2着
3 13 フィエールマン 牡5 2 天皇賞秋2着
2019 1 6 リスグラシュー 牝5 2 CoxPlate1着
2 10 サートゥルナーリア 牡3 3 天皇賞秋6着
3 7 ワールドプレミア 牡3 4 菊花賞1着
2018 1 8 ブラストワンピース 牡3 3 菊花賞4着
2 12 レイデオロ 牡4 1 天皇賞秋1着
3 15 シュヴァルグラン 牡6 9 ジャパンC4着
2017 1 2 キタサンブラック 牡5 1 ジャパンC3着
2 3 クイーンズリング 牝5 8 エリザベス女王杯7着
3 10 シュヴァルグラン 牡5 3 ジャパンC1着
2016 1 11 サトノダイヤモンド 牡3 1 菊花賞1着
2 1 キタサンブラック 牡4 2 ジャパンC1着
3 2 ゴールドアクター 牡5 3 ジャパンC4着
2015 1 7 ゴールドアクター 牡4 8 アルゼンチン共和国杯1着
2 9 サウンズオブアース 牡4 5 ジャパンC5着
3 11 キタサンブラック 牡3 4 菊花賞1着
2014 1 4 ジェンティルドンナ 牝5 4 ジャパンC4着
2 6 トゥザワールド 牡3 9 菊花賞16着
3 14 ゴールドシップ 牡5 1 凱旋門賞14着
2013 1 6 オルフェーヴル 牡5 1 凱旋門賞2着
2 4 ウインバリアシオン 牡5 4 金鯱賞3着
3 14 ゴールドシップ 牡4 2 ジャパンC15着
2012 1 13 ゴールドシップ 牡3 1 菊花賞1着
2 6 オーシャンブルー 牡4 10 金鯱賞1着
3 9 ルーラーシップ 牡5 2 ジャパンC3着
2011 1 9 オルフェーヴル 牡3 1 菊花賞1着
2 5 エイシンフラッシュ 牡4 7 ジャパンC8着
3 7 トゥザグローリー 牡4 9 ジャパンC11着

【傾向

前走 
  • 近年天皇賞秋組の活躍が目立ちます。その他ジャパンカップ組、菊花賞組が優勢です。
枠順 
  • 8枠は不振傾向にあり、実力馬でない限り厳しいです。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2020 1 クロノジェネシス 2.5 1.3
2 サラキア 74.9 7.7
3 フィエールマン 3.5 1.6
2019 1 リスグラシュー 6.7 2.1
2 サートゥルナーリア 7.8 2.7
3 ワールドプレミア 13.4 3.9
2018 1 ブラストワンピース 8.9 2.7
2 レイデオロ 2.2 1.3
3 シュヴァルグラン 22.7 3.7
2017 1 キタサンブラック 1.9 1.2
2 クイーンズリング 33.1 5.5
3 シュヴァルグラン 6.7 1.8
2016 1 サトノダイヤモンド 2.6 1.2
2 キタサンブラック 2.7 1.2
3 ゴールドアクター 7.9 2.0
2015 1 ゴールドアクター 17.0 4.1
2 サウンズオブアース 9.9 2.9
3 キタサンブラック 8.4 3.4
2014 1 ジェンティルドンナ 8.7 2.8
2 トゥザワールド 31.2 5.0
3 ゴールドシップ 3.5 1.6
2013 1 オルフェーヴル 1.6 1.1
2 ウインバリアシオン 16.1 2.5
3 ゴールドシップ 4.4 1.7
2012 1 ゴールドシップ 2.7 1.3
2 オーシャンブルー 26.7 5.3
3 ルーラーシップ 3.7 1.4
2011 1 オルフェーヴル 2.2 1.4
2 エイシンフラッシュ 26.8 4.9
3 トゥザグローリー 47.1 7.4
  • 1番人気馬が80%の馬券内と信頼は置けそうな水準の数値となっています。
  • 警戒すべきは8番人気以降の馬で多くの年で馬券内に一頭ほど入っています。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2020 1 クロノジェネシス 55 474(+10)
2 サラキア 55 448(-2)
3 フィエールマン 57 478(0)
2019 1 リスグラシュー 55 468(—)
2 サートゥルナーリア 55 504(+2)
3 ワールドプレミア 55 492(+8)
2018 1 ブラストワンピース 55 534(+4)
2 レイデオロ 57 490(+8)
3 シュヴァルグラン 57 470(+2)
2017 1 キタサンブラック 57 540(-2)
2 クイーンズリング 55 474(0)
3 シュヴァルグラン 57 474(+4)
2016 1 サトノダイヤモンド 55 502(+4)
2 キタサンブラック 57 536(0)
3 ゴールドアクター 57 498(-6)
2015 1 ゴールドアクター 57 494(+4)
2 サウンズオブアース 57 502(0)
3 キタサンブラック 55 526(-4)
2014 1 ジェンティルドンナ 55 470(-2)
2 トゥザワールド 55 524(+4)
3 ゴールドシップ 57 510(—)
2013 1 オルフェーヴル 57 466(—)
2 ウインバリアシオン 57 534(-4)
3 ゴールドシップ 57 498(-2)
2012 1 ゴールドシップ 55 506(+6)
2 オーシャンブルー 57 438(+2)
3 ルーラーシップ 57 512(+6)
2011 1 オルフェーヴル 55 462(-4)
2 エイシンフラッシュ 57 488(-4)
3 トゥザグローリー 57 536(+12)
  • 斤量が若干低い3歳馬の好走が目立ちます。
  • 馬体重で大きな傾向はありません。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2020 1 クロノジェネシス 12-12-3-3
2 サラキア 13-13-13-12
3 フィエールマン 2-4-2-2
2019 1 リスグラシュー 10-10-11-9
2 サートゥルナーリア 13-13-11-7
3 ワールドプレミア 15-16-16-16
2018 1 ブラストワンピース 6-6-7-4
2 レイデオロ 9-9-9-8
3 シュヴァルグラン 13-11-11-10
2017 1 キタサンブラック 1-1-1-1
2 クイーンズリング 4-5-5-3
3 シュヴァルグラン 8-8-8-8
2016 1 サトノダイヤモンド 4-3-3-3
2 キタサンブラック 2-2-2-2
3 ゴールドアクター 3-3-3-3
2015 1 ゴールドアクター 3-3-5-3
2 サウンズオブアース 3-3-5-6
3 キタサンブラック 1-1-1-1
2014 1 ジェンティルドンナ 3-3-3-2
2 トゥザワールド 7-7-6-7
3 ゴールドシップ 11-10-6-5
2013 1 オルフェーヴル 13-13-12-2
2 ウインバリアシオン 9-11-12-4
3 ゴールドシップ 12-11-8-4
2012 1 ゴールドシップ 16-15-14-10
2 オーシャンブルー 10-7-10-10
3 ルーラーシップ 13-13-14-12
2011 1 オルフェーヴル 11-10-8-5
2 エイシンフラッシュ 5-5-6-5
3 トゥザグローリー 8-7-10-8
  • 長距離のレースだけあって差し馬優勢の傾向で後方から直線で一気に差し切ってくる馬も多くなっています。
  • 逃げた馬は馬券内率20%もどちらもキタサンブラックとなっています。先行するにはそれなりの力が必要で比較的紛れは少ないです。
血統
有馬記念2021 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20201クロノジェネシスRedGodヴァイスリージェント2サラキアサンデーサイレンスニジンスキー3フィエールマンサンデーサイレンスニジ...
タイトルとURLをコピーしました