スポンサーリンク

中山金杯2022 過去データ 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2022年1月5日(水曜日)
開催 中山競馬場
距離 芝2000m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2021 1 9 ヒシイグアス 牡5 1 ウェルカムS1着
2 3 ココロノトウダイ 牡4 5 フルーツラインC1着
3 16 ウインイクシード 牡7 11 ディセンバーS5着
2020 1 7 トリオンフ セ6 2 チャレンジC2着
2 8 ウインイクシード 牡6 6 ディセンバーS2着
3 1 テリトーリアル 牡6 11 チャレンジC12着
2019 1 11 ウインブライト 牡5 3 マイルCS9着
2 15 ステイフーリッシュ 牡4 7 チャレンジC3着
3 1 タニノフランケル 牡4 9 大原S1着
2018 1 6 セダブリランテス 牡4 1 アルゼンチン共和国杯3着
2 1 ウインブライト 牡4 2 福島記念1着
3 11 ストレンジクォーク 牡6 10 修学院S1着
2017 1 3 ツクバアズマオー 牡6 1 ディセンバーS1着
2 2 クラリティスカイ 牡5 6 ディセンバーS5着
3 1 シャイニープリンス 牡7 4 ディセンバーS3着
2016 1 5 ヤマカツエース 牡4 3 福島記念1着
2 7 マイネルフロスト 牡5 5 金鯱賞4着
3 10 フルーキー 牡6 1 チャレンジC1着
2015 1 2 ラブリーデイ 牡5 4 金鯱賞4着
2 4 ロゴタイプ 牡5 1 マイルCS7着
3 5 デウスウルト セ7 5 チャレンジC2着
2014 1 3 オーシャンブルー 牡6 5 金鯱賞10着
2 4 カルドプレッサ 牡6 8 チャレンジC5着
3 8 ディサイファ 牡5 1 福島記念4着
2013 1 6 タッチミーノット 牡7 2 毎日王冠3着
2 11 アドマイヤタイシ 牡6 4 チャレンジC2着
3 9 ジャスタウェイ 牡4 1 天皇賞(秋)6着
2012 1 12 フェデラリスト 牡5 2 東京ウェルカムプレミアム1着
2 11 ダイワファルコン 牡5 4 ディセンバーS9着
3 6 コスモファントム 牡5 5 中日新聞杯1着

【傾向

前走 
  • チャレンジC、ディセンバー S組が優勢です。
枠順 
  • 1枠、6枠優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2021 1 ヒシイグアス 3.1 1.6
2 ココロノトウダイ 11.4 3.1
3 ウインイクシード 30.7 6.1
2020 1 トリオンフ 4.3 2.0
2 ウインイクシード 10.9 2.9
3 テリトーリアル 39.7 8.3
2019 1 ウインブライト 8.4 3.2
2 ステイフーリッシュ 11.0 3.4
3 タニノフランケル 18.0 6.5
2018 1 セダブリランテス 2.5 1.3
2 ウインブライト 4.9 1.7
3 ストレンジクォーク 36.3 5.4
2017 1 ツクバアズマオー 2.8 1.2
2 クラリティスカイ 10.9 2.6
3 シャイニープリンス 8.1 2.2
2016 1 ヤマカツエース 4.9 1.6
2 マイネルフロスト 6.9 1.7
3 フルーキー 3.4 1.4
2015 1 ラブリーデイ 6.1 2.0
2 ロゴタイプ 4.4 1.7
3 デウスウルト 7.5 2.2
2014 1 オーシャンブルー 9.5 3.3
2 カルドプレッサ 15.8 3.6
3 ディサイファ 3.0 1.5
2013 1 タッチミーノット 4.4 1.6
2 アドマイヤタイシ 6.6 1.9
3 ジャスタウェイ 3.4 1.6
2012 1 フェデラリスト 5.7 2.2
2 ダイワファルコン 9.1 2.9
3 コスモファントム 11.8 3.5
  • 1番人気馬の馬券内率70%とまずまずも、2番人気馬は40%、3番人気馬は20%と低調です。
  • 近年は2桁人気馬が3着に入ることが増えており注意が必要です。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2021 1 ヒシイグアス 54 496(+2)
2 ココロノトウダイ 53 528(+10)
3 ウインイクシード 56 498(0)
2020 1 トリオンフ 58 554(+4)
2 ウインイクシード 55 498(+2)
3 テリトーリアル 56 480(-4)
2019 1 ウインブライト 58 490(+12)
2 ステイフーリッシュ 56 456(+6)
3 タニノフランケル 53 528(+10)
2018 1 セダブリランテス 55 522(+8)
2 ウインブライト 56 480(+10)
3 ストレンジクォーク 54 504(+4)
2017 1 ツクバアズマオー 56.5 480(0)
2 クラリティスカイ 57.5 502(-2)
3 シャイニープリンス 56.5 496(0)
2016 1 ヤマカツエース 56 492(+6)
2 マイネルフロスト 57 488(+4)
3 フルーキー 57.5 490(+6)
2015 1 ラブリーデイ 57 482(-2)
2 ロゴタイプ 58 502(+6)
3 デウスウルト 55 468(-2)
2014 1 オーシャンブルー 57.5 440(-4)
2 カルドプレッサ 54 492(-4)
3 ディサイファ 55 494(+14)
2013 1 タッチミーノット 57 506(+2)
2 アドマイヤタイシ 55 466(-10)
3 ジャスタウェイ 56.5 486(0)
2012 1 フェデラリスト 55 532(+4)
2 ダイワファルコン 56 518(-6)
3 コスモファントム 57.5 514(+2)
  • 馬体重に大きな傾向はありません。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2021 1 ヒシイグアス 5-8-5-6
2 ココロノトウダイ 8-5-8-6
3 ウインイクシード 2-2-2-2
2020 1 トリオンフ 2-2-2-2
2 ウインイクシード 5-5-5-4
3 テリトーリアル 6-5-8-6
2019 1 ウインブライト 7-8-9-7
2 ステイフーリッシュ 12-12-3-2
3 タニノフランケル 1-1-1-1
2018 1 セダブリランテス 2-2-3-3
2 ウインブライト 3-3-4-3
3 ストレンジクォーク 11-11-11-10
2017 1 ツクバアズマオー 11-11-8-7
2 クラリティスカイ 3-2-3-3
3 シャイニープリンス 7-7-8-8
2016 1 ヤマカツエース 5-5-4-2
2 マイネルフロスト 1-1-1-1
3 フルーキー 8-9-8-8
2015 1 ラブリーデイ 5-5-6-4
2 ロゴタイプ 5-5-3-3
3 デウスウルト 10-10-10-9
2014 1 オーシャンブルー 9-9-10-8
2 カルドプレッサ 9-9-10-8
3 ディサイファ 9-9-7-6
2013 1 タッチミーノット 6-6-6-5
2 アドマイヤタイシ 2-3-3-3
3 ジャスタウェイ 10-10-11-13
2012 1 フェデラリスト 8-9-6-4
2 ダイワファルコン 6-6-4-4
3 コスモファントム 3-4-4-4
  • 近年では2番手追走の馬の好走が目立ちます。ただし先行勢の馬券内率は30%とあまり高くはありません。
  • 勝ち馬は中団からの差し馬が優勢となっていて注意が必要です。
血統
中山金杯2022 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20211ヒシイグアスサンデーサイレンスストームバード2ココロノトウダイMr.prospectorサンデーサイレンス3ウインイクシードサン...
タイトルとURLをコピーしました