スポンサーリンク

ダービー卿チャレンジT2022 過去データ 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2022年4月2日(土曜日)
開催 中山競馬場
距離 芝1600m

過去10年の結果

 
年度 着順 馬番 馬名 詳細 人気 前走
2021 1 9 テルツェット 牝4 3 節分S(東京)1着
2 11 カテドラル 牡5 4 東京新聞杯2着
3 2 ボンセルヴィーソ 牡7 5 東風S2着
2020 1 4 クルーガー 牡8 4 東京新聞杯5着
2 5 ボンセルヴィーソ 牡6 13 東風S12着
3 6 レイエンダ 牡5 5 東京新聞杯8着
2019 1 2 フィアーノロマーノ 牡5 2 2018ファイナルS1着
2 12 プリモシーン 牡4 3 ターコイズS8着
3 13 マイスタイル 牡5 7 小倉大賞典10着
2018 1 9 ヒーズインラブ 牡5 4 武庫川S1着
2 3 キャンベルジュニア 牡6 6 阪神C11着
3 15 ストーミーシー 牡5 9 東京新聞杯10着
2017 1 3 ロジチャリス 牡5 5 東風S3着
2 5 キャンベルジュニア 牡5 1 幕張S1着
3 8 グランシルク 牡5 2 ニューイヤーS2着
2016 1 10 マジックタイム 牝5 5 京都牝馬S2着
2 14 ロゴタイプ 牡6 4 中山記念7着
3 6 サトノアラジン 牡5 2 香港C11着
2015 1 10 モーリス 牡4 1 スピカS1着
2 9 クラリティシチー 牡4 4 東風S1着
3 4 インパルスヒーロー 牡5 9 東風S3着
2014 1 2 カレンブラックヒル 牡5 4 阪急杯11着
2 16 カオスモス 牡4 9 東風S4着
3 9 インプロヴァイス 牡4 8 韓国馬事会杯1着
2013 1 13 トウケイヘイロー 牡4 5 武庫川S1着
2 5 ダイワマッジョーレ 牡4 1 東京新聞杯2着
3 10 ダイワファルコン 牡6 2 中山記念2着
2012 1 8 ガルボ 牡5 3 阪急杯5着
2 10 オセアニアボス 牡7 10 阪急杯4着
3 9 ネオサクセス 牡5 7 中山記念5着

【傾向

前走 
  • 東風S、東京新聞杯組が優勢です。
枠順 
  • 3・5枠優勢です。
オッズ 
 
年度 着順 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
2021 1 テルツェット 6.3 2.3
2 カテドラル 7.8 2.5
3 ボンセルヴィーソ 8.4 2.2
2020 1 クルーガー 10.2 3.3
2 ボンセルヴィーソ 51.6 8.7
3 レイエンダ 11.8 3.9
2019 1 フィアーノロマーノ 6.0 2.5
2 プリモシーン 7.1 2.6
3 マイスタイル 13.6 4.0
2018 1 ヒーズインラブ 6.5 2.3
2 キャンベルジュニア 13.4 4.7
3 ストーミーシー 26.3 5.8
2017 1 ロジチャリス 11.1 2.4
2 キャンベルジュニア 3.4 1.5
3 グランシルク 3.6 1.3
2016 1 マジックタイプ 13.0 3.4
2 ロゴタイプ 10.7 2.8
3 サトノアラジン 3.4 1.6
2015 1 モーリス 3.1 1.6
2 クラリティシチー 9.0 2.9
3 インパルスヒーロー 24.4 5.9
2014 1 カレンブラックヒル 6.9 3.2
2 カオスモス 24.5 5.9
3 インプロヴァイス 22.1 5.5
2013 1 トウケイヘイロー 9.2 2.6
2 ダイワマッジョーレ 4.4 1.5
3 ダイワファルコン 4.4 1.7
2012 1 ガルボ 7.3 2.7
2 オセアニアボス 16.9 4.5
3 ネオサクセス 13.4 4.1
  • 1番・3番人気馬の馬券内率30%、2番人気馬が40%となっています。人気馬が不振傾向となっています。
  • 4番人気馬が馬券内率60%、5版人気馬が50%と好走傾向です。
斤量と馬体重
 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2021 1 テルツェット 53 418(-6)
2 カテドラル 56 484(-4)
3 ボンセルヴィーソ 55 484(0)
2020 1 クルーガー 57 530(+2)
2 ボンセルヴィーソ 54 480(+2)
3 レイエンダ 57 494(-2)
2019 1 フィアーノロマーノ 55 540(-4)
2 プリモシーン 55 498(-2)
3 マイスタイル 56 454(-2)
2018 1 ヒーズインラブ 55 522(-4)
2 キャンベルジュニア 55 544(+10)
3 ストーミーシー 54 520(-8)
2017 1 ロジチャリス 56 560(+2)
2 キャンベルジュニア 55 536(0)
3 グランシルク 55 506(-2)
2016 1 マジックタイプ 53 478(+2)
2 ロゴタイプ 58 498(-4)
3 サトノアラジン 57 534(+10)
2015 1 モーリス 55 508(-2)
2 クラリティシチー 56 488(+2)
3 インパルスヒーロー 56 506(-6)
2014 1 カレンブラックヒル 57.5 468(-2)
2 カオスモス 55 520(-12)
3 インプロヴァイス 55 460(-6)
2013 1 トウケイヘイロー 55 486(+2)
2 ダイワマッジョーレ 56 436(+2)
3 ダイワファルコン 57.5 514(0)
2012 1 ガルボ 57.5 474(0)
2 オセアニアボス 57 504(-4)
3 ネオサクセス 54 470(-2)
  • 480kg以上の馬が毎年二頭以上馬券内に入っています。
脚質 
 
年度 着順 馬名 道中順位
2021 1 テルツェット 11-10-8
2 カテドラル 13-13-11
3 ボンセルヴィーソ 2-5-5
2020 1 クルーガー 4-6-5
2 ボンセルヴィーソ 4-8-5
3 レイエンダ 10-9-9
2019 1 フィアーノロマーノ 3-4-3
2 プリモシーン 8-8-8
3 マイスタイル 6-7-6
2018 1 ヒーズインラブ 8-11-7
2 キャンベルジュニア 2-4-3
3 ストーミーシー 13-12-10
2017 1 ロジチャリス 2-2-2
2 キャンベルジュニア 3-4-3
3 グランシルク 11-10-10
2016 1 マジックタイム 8-7-6
2 ロゴタイプ 2-3-2
3 サトノアラジン 8-7-9
2015 1 モーリス 14-15-13
2 クラリティシチー 11-13-8
3 インパルスヒーロー 8-12-13
2014 1 カレンブラックヒル 1-2-4
2 カオスモス 4-2-3
3 インプロヴァイス 11-12-8
2013 1 トウケイヘイロー 1-2-1
2 ダイワマッジョーレ 8-10-11
3 ダイワファルコン 7-7-5
2012 1 ガルボ 4-8-9
2 オセアニアボス 14-15-12
3 ネオサクセス 12-12-13
  • 後方からの差し・追込み馬の好走が目立ちます。
  • 逃げた馬は不振で、2013年のトウケイヘイローのみ馬券内に入っています。
血統
ダービー卿チャレンジT2022 血統チェッカー
過去の血統データ年度着順馬名父系統母父系統20211テルツェットサンデーサイレンスダンチヒ2カテドラルサンデーサイレンスダンチヒ3ボンセルヴィーソサンデーサイレンスRedGod...
タイトルとURLをコピーしました