スポンサーリンク

京都牝馬S2023 過去データ 傾向と分析

スポンサーリンク
中央競馬
スポンサーリンク

概要

日程 2023年2月18日(土曜日)
開催 阪神競馬場
距離 芝1400m

【過去10年の結果】

※1400m開催は2016年からです。以前は1600mでの開催でした。

 
年度 着順 馬番 馬名 馬齢 騎手 人気 前走
2022 1 7 ロータスランド 牝5 岩田望来 5 マイルCS12着
2 2 スカイグルーヴ 牝5 C.ルメール 1 白秋S1着
3 15 タンタラス 牝6 川田将雅 2 六甲アイランドS1着
2021 1 4 イベリス 牝5 酒井学 3 阪神C6着
2 15 ギルデッドミラー 牝4 福永祐一 5 リゲルS14着
3 14 ブランノワール 牝5 団野大成 9 リゲルS5着
2020 1 17 サウンドキアラ 牝5 松山弘平 1 京都金杯1着
2 9 プールヴィル 牝4 岩田康誠 6 オーロC2着
3 6 メイショウグロッケ 牝6 大野拓弥 13 ターコイズS5着
2019 1 10 デアレガーロ 牝5 池添謙一 9 スワンS6着
2 15 リナーテ 牝5 武豊 7 ターコイズS7着
3 13 アマルフィコースト 牝4 坂井瑠星 13 石清水S8着
2018 1 8 ミスパンテール 牝4 横山典弘 1 ターコイズS1着
2 10 デアレガーロ 牝4 池添謙一 4 市川S1着
3 12 エスティタート 牝5 武豊 5 石清水S2着
2017 1 10 レッツゴードンキ 牝5 岩田康誠 1 ターコイズS2着
2 15 ワンスインナムーン 牝4 石橋脩 7 サンライズS1着
3 6 スナッチマインド 牝6 浜中俊 5 六甲アイランドS1着
2016 1 14 クイーンズリング 牝4 M.デムーロ 1 エリザベス女王杯8着
2 10 マジックタイム 牝5 柴山雄一 6 節分S1着
3 11 ウインプリメーラ 牝6 川田将雅 3 京都金杯1着
2015 1 13 ケイアイエレガント 牝6 内田博幸 9 中山金杯13着
2 12 ゴールデンナンバー 牝6 秋山真一郎 15 京成杯AH除外
3 2 パワースポット 牝7 大野拓弥 8 愛知杯5着
2014 1 14 ウリウリ 牝4 浜中俊 2 衣笠特別1着
2 3 ドナウブルー 牝6 福永祐一 1 マイルCS5着
3 10 ノーブルジュエリー 牝6 C.ルメール 5 仲秋S1着
2013 1 4 ハナズゴール 牝4 浜中俊 1 リゲルS1着
2 8 エーシンメンフィス 牝5 川須栄彦 2 愛知杯1着
3 10 ベストクルーズ 牝6 川田将雅 10 新春S3着

【傾向】

前走 

  • ターコイズS組の好走が目立ちます。

騎手 

  • ターコイズS組の好走が目立ちます。

枠順 

 
データ 勝率 馬券内率
1枠 0-1-1-16 0% 11%
2枠 1-1-0-16 5% 11%
3枠 1-0-2-16 5% 15%
4枠 1-0-0-18 5% 5%
5枠 2-3-1-14 10% 30%
6枠 1-1-2-16 5% 20%
7枠 3-3-3-16 12% 36%
8枠 1-1-1-22 4% 12%
  • 5・7枠優勢です。

人気 

 
人気 データ 勝率 馬券内率
1人気 5-2-0-3 50% 70%
2人気 1-1-1-7 10% 30%
3人気 1-0-1-8 10% 20%
4人気 0-1-0-9 0% 10%
5人気 1-1-3-5 10% 50%
6人気 0-2-0-8 0% 20%
7人気 0-2-0-8 0% 20%
8人気 0-0-1-9 0% 10%
9人気 2-0-1-7 20% 30%
10人気以降 0-1-3-71 0% 5%
  • 1番人気馬の馬券内率70%とまずまずです。しかし、2番人気が20%、3番人気馬は30%と不振傾向です。
  • 穴馬では9番人気馬の馬券内率が30%、二桁人気馬の好走が4度あります。

斤量と馬体重

 
年度 着順 馬名 斤量 馬体重
2022 1 ロータスランド 56 484(+18)
2 スカイグルーヴ 54 462(+6)
3 タンタラス 54 482(-4)
2021 1 イベリス 54 484(+6)
2 ギルデッドミラー 54 478(+4)
3 ブランノワール 54 470(+4)
2020 1 サウンドキアラ 55 460(+2)
2 プールヴィル 55 446(+24)
3 メイショウグロッケ 54 468(+8)
2019 1 デアレガーロ 54 486(+32)
2 リナーテ 54 490(+10)
3 アマルフィコースト 53 466(-8)
2018 1 ミスパンテール 55 506(+6)
2 デアレガーロ 54 476(+8)
3 エスティタート 53 444(0)
2017 1 レッツゴードンキ 55 502(+10)
2 ワンスインナムーン 54 438(-8)
3 スナッチマインド 54 466(+4)
2016 1 クイーンズリング 56 450(-6)
2 マジックタイム 54 476(-8)
3 ウインプリメーラ 55 458(+6)
2015 1 ケイアイエレガント 56 520(-6)
2 ゴールデンナンバー 54 520(+2)
3 パワースポット 54 468(+4)
2014 1 ウリウリ 52 458(+4)
2 ドナウブルー 56 444(+4)
3 ノーブルジュエリー 54 514(+10)
2013 1 ハナズゴール 54 422(+2)
2 エーシンメンフィス 55 508(0)
3 ベストクルーズ 53 440(-2)
  • 馬体重に大きな傾向はありません。

脚質 

 
年度 着順 馬名 道中順位
2022 1 ロータスランド 2-2
2 スカイグルーヴ 4-4
3 タンタラス 3-2
2021 1 イベリス 1-1
2 ギルデッドミラー 11-10
3 ブランノワール 14-12
2020 1 サウンドキアラ 4-7
2 プールヴィル 4-2
3 メイショウグロッケ 6-5
2019 1 デアレガーロ 7-6
2 リナーテ 11-11
3 アマルフィコースト 2-2
2018 1 ミスパンテール 6-6
2 デアレガーロ 10-10
3 エスティタート 8-9
2017 1 レッツゴードンキ 12-7
2 ワンスインナムーン 5-4
3 スナッチマインド 13-10
2016 1 クイーンズリング 5-3
2 マジックタイム 10-10
3 ウインプリメーラ 8-7
2015 1 ケイアイエレガント 1-1
2 ゴールデンナンバー 16-16
3 パワースポット 13-12
2014 1 ウリウリ 12-11
2 ドナウブルー 4-4
3 ノーブルジュエリー 6-4
2013 1 ハナズゴール 12-11
2 エーシンメンフィス 13-13
3 ベストクルーズ 9-7
  • 上がり勝負になることが多く、後方からでも差しが届くレースとなっています。
  • 逃げた馬の馬券内率は20%と低く、前残りに期待しづらいレースと言えそうです。

血統 

年度 着順 馬名 父系統 母父系統
2022 1 ロータスランド Point of Entry(ロベルト) Scat Daddy(サドラーズウェルズ)
2 スカイグルーヴ エピファネイア(ロベルト) キングカメハメハ(Mr.prospector)
3 タンタラス キングカメハメハ(Mr.prospector) スペシャルウィーク(サンデーサイレンス)
2021 1 イベリス ロードカナロア(Mr.prospector) ボストンハーバー(ボールドルーラー)
2 ギルデッドミラー オルフェーヴル(サンデーサイレンス) Tiznow(Mano’War)
3 ブランノワール ロードカナロア(Mr.prospector) Singspiel(サドラーズウェルズ)
2020 1 サウンドキアラ ディープインパクト(サンデーサイレンス) アグネスデジタル(Mr.prospector)
2 プールヴィル Le Harve(RedGod) Kendargent(グレイソヴリン)
3 メイショウグロッケ メイショウサムソン(サドラーズウェルズ) マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス)
2019 1 デアレガーロ マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス) Souvenir Copy(Mr.prospector)
2 リナーテ ステイゴールド(サンデーサイレンス) Orpen(ダンチヒ)
3 アマルフィコースト ダイワメジャー(サンデーサイレンス) High Chaparral(サドラーズウェルズ)
2018 1 ミスパンテール (サンデーサイレンス) ロベルト
2 デアレガーロ マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス) Souvenir Copy(Mr.prospector)
3 エスティタート ドリームジャーニー(サンデーサイレンス) トニービン(グレイソヴリン)
2017 1 レッツゴードンキ キングカメハメハ(Mr.prospector) マーベラスサンデー(サンデーサイレンス)
2 ワンスインナムーン アドマイヤムーン(Mr.prospector) ヘクタープロテクター(Mr.prospector)
3 スナッチマインド ディープインパクト(サンデーサイレンス) Cat Thief(ストームバード)
2016 1 クイーンズリング マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス) Anabaa(ダンチヒ)
2 マジックタイム ハーツクライ(サンデーサイレンス) ブライアンズタイム(ロベルト)
3 ウインプリメーラ ステイゴールド(サンデーサイレンス) フォーティナイナー(Mr.prospector)
2015 1 ケイアイエレガント キングカメハメハ(Mr.prospector) A.P.Indy(ボールドルーラー)
2 ゴールデンナンバー ダイワメジャー(サンデーサイレンス) Selkirk(NativeDancer)
3 パワースポット スズカマンボ(サンデーサイレンス) パラダイスクリーク(NeverBend)
2014 1 ウリウリ ディープインパクト(サンデーサイレンス) フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント)
2 ドナウブルー ディープインパクト(サンデーサイレンス) Bertolini(ダンチヒ)
3 ノーブルジュエリー Smarty Jones(Mr.prospector) Monsun(Blandford)
2013 1 ハナズゴール オレハマッテルゼ(サンデーサイレンス) シャンハイ(Mr.prospector)
2 エーシンメンフィス Medaglia d’Oro(サドラーズウェルズ) Pine Bluff(ダンチヒ)
3 ベストクルーズ クロフネ(ヴァイスリージェント) サンデーサイレンス(サンデーサイレンス)
  • サンデーサイレンス系やサドラーズウェルズ系が優勢です。過去にはダンチヒ系の好走が多かったのでダンチヒ系の馬には注意したいところです。
タイトルとURLをコピーしました